アゴダは他の外資系ホテル予約サイトと比べてやや多く請求関係のクレームを聞きますが、そえは一日に膨大な量の予約を受けているので一定数のトラブルが発生する事は止む負えません。

ですが、やはり悪い口コミを読むと不安になりますし、できる事ならトラブルは回避したい。そこで本記事ではagodaが請求関係で揉めやすい理由と、その対策方法をご紹介します。

20回以上agodaを利用して遭遇した請求トラブル

国内ホテル・海外ホテルを問わずagodaは直近3年間で20回以上利用しており、現地払い・事前払いと決済方法も様々ですが、実は私も1回だけagodaで請求関係のトラブルを経験しました。

東南アジアの比較的安い宿を予約し事前に支払いも済ませていたのですが、チェックイン時に代金の支払いを求められたのです!

ただ、この時印刷した予約票を携帯しており、支払いの証拠を提示する事ができたので多少ごたつきはしましたが、ホテルの確認ミスという事で難を乗り越えることが出来ました。

その他、二重請求や予約できていなかった、予約内容が違ったなどのトラブル経験はありませんし、周辺のagodaを比較的多く使っているという方に聞いてみてもトラブルの話は出てきませんでした

基本的にSNSなどを見ていても殆どはagodaに対してポジティブ、良い評価の口コミが大半を占めます。それでは悪い評判というのはどのような物があるのでしょうか。

(1)表示された金額と請求額が違う

あまり見られないケースですが、予約時に表示された金額と実際の請求金額が違うといったケースが存在しています。これはクレームになっても仕方ありませんが、その理由を知っておくだけで予防ができるかもしれません。

税・サービス料が加算された事による金額差の発生

最近は分かりやすく総額表示をしてくれるサイトも多くなったのであまり見かけなくなりましたが、最終画面で税・サービス料、予約手数料などが別途加算され、いきなり金額が上がったように感じてしまう事があります。

このように部屋の一覧画面では 6,779円と表記されていても、いざ予約支払画面に進むと

848円の税・サービス料が加算され、合計が7,627円になってしまいました。初めての方には誤解を与えやすい仕組みである事は間違いありません。

レート変動による請求額の変動

海外ホテルを予約する場合、設定次第では宿泊料金が日本円で表示されている事があり、これが問題の一つとなります。

これもagodaだけに限った事ではありませんが、予約だけを行い、宿泊料金はホテルで直接支払うという方式で予約し、現地でクレジットカード払いした場合、予約時にAgodaの画面上へ表示された日本円の金額とカードへの請求額が同じになる事はまず99.9%ありません。

通貨換算レートの関係で請求金額が変わり、予約時の金額とは違う額がカードに請求されてしまいます。

この問題を避ける方法は一つ、現地通貨での表示に設定してから現地通貨額を把握した上で予約を入れるようにするか、事前に支払ってしまうようにするかです。

独自の税金などが加算された為

これは日本国内のホテルで起こりうる現象ですが、入湯税や地方自治体が独自に定める宿泊税などが別途現地で請求されてしまうという事態です。

多くのケースでは現地で請求されることはありませんが、入湯税などの一部特殊な税金は現地で別途請求される可能性があり、これは楽天などの国内予約サイトから予約した場合も同様の注意書きがあります。

その他、agodaには民泊が多く掲載されており、現地で追加の清掃代金や破損等によって補修費用を請求されたりと言ったトラブルがあるようです。これはagodaではなく民泊の貸主(ホスト)と個別の交渉が必要になります。

▼限定クーポンをGET

(2)キャンセル料を請求された

無料キャンセル期間については、agodaのサイトに誤解を与える表記がある事は否定しません。しかし無料キャンセル期間内にちゃんとキャンセルすれば、私自身の経験として間違いなく返金されており、そこでトラブルになるケースは非常に少ないと考えます。

問題は、キャンセル不可プランを予約してしまったり、無料キャンセル期間を過ぎてしまったケース。口コミをよーく読むとこのようなケースのクレームが山積されています。

新型コロナによる特例として一時期、無条件で無料キャンセルを受けていた事もありましたが、残念ながら今現在はその特例も適用されなくなり、原則キャンセル料から逃れる術がありません。

キャンセル料や期間の表記

キャンセル料や期間の表記については十分わかりやすいのですが、それでも他のサイトと比べると若干の不親切さがあると思いました。

予約画面の一番下、次へボタンの右側に【キャンセル料金なし】という表記がありますが、これを見てどう思われるでしょうか? 「いつまでならキャンセル無料なの?」と思えれば問題ありません。

ちなみに正解は以下の通りです。

バッチリ無料でキャンセルできるのは日前までで、現地時間で3日を切ると全額がキャンセル料として徴収されます。キャンセル期日の表記は一か所ではありませんが、部分的にあるこの様な表記を見て誤解したまま予約を進めるとトラブルの原因になりかねません。

その他にも、このように 12日の【前日】まではキャンセル無料 と書かれていたり・・・。わざわざ前日を強調するなら素直に【11日まではキャンセル無料】と書いて欲しいですが…パッと見ると勘違いを誘発してしまいます。

不本意なキャンセル料を請求されない為にできる対策は、とにかく良く読む事、全てを疑ってかかる事。これはアゴダに限らず、海外では日本ほど親切ではありません。

提携・下請けによる複雑な予約経路

その他にも予約内容の伝達ミスによって予約した部屋と違う部屋に通されたり、そもそも予約自体が出来ていなかったりと明確にアゴダ側へ非のあるトラブルもあります。

これらの問題点として挙げられるのが、複雑な予約経路による予約内容や支払情報の伝達ミスとそれに付随する問題であると思います。

agodaに限った話ではありませんが、外資系オンライン予約サイトの多くは傘下にグループ会社・提携会社が多数存在し、その予約経路の複雑さによって「事前支払い済みなのに現地でチェックインの際に再度支払いを求められた」という問題が起きやすいのではないかと考えております。

記事執筆時点でagodaに掲載されている宿の件数は約60万件でしたが、そのうちagodaと直接契約している宿は約20%にあたる約16万件のみ

残りの約44万件はagodaで予約した後、傘下のグループ会社・提携会社経由で予約手配されるという仕組みになっており、これは予約画面で確認する事ができます。(現地国の中小旅行会社を経由してと言うケースが多い)

SelectRooms経由で予約が行われる

下画像の宿を予約した場合、実際にはSelectRoomsというサイト経由でホテルが予約されます。(※厳密に言えばこのSelectRoomsの傘下にも下請けや提携会社が存在する可能性はありますが)

Booking.com経由で予約が行われるホテル

これも同様にagodaで予約したとしても実際にはBooking.com経由で支払情報・予約がホテルに伝わります。もちろん、booking.comの下へ更に旅行会社がある可能性があります。

モーター ヨット バート ボート & ブレックファースト|Agoda.com

日本国内ではJTBがアゴダのパートナー企業に

日本国内ではJTBや楽天トラベルと提携しており、記事執筆時点ではagodaに掲載のある国内のホテルのうち約4,500軒がJTB経由で予約手配されるという事です。

JAPANiCAN.comとはJTBが運営する訪日外国人向けホテル予約サイトです。

楽天トラベル経由で予約されるホテルもあります。

予約の確認や変更・キャンセルはagodaのサイトででき、サポートもagodaが請け負いますが、下請けが存在する以上は問題が発生する可能性も上がり、トラブル発生時の解決にも時間がかかるでしょう。

アゴダの予約でトラブルを回避する方法

アゴダに限らず外資系のホテル予約サイトで宿泊予約する場合は、以下の事を厳守して下さい。これだけでかなりのトラブルを事前に回避することが出来るようになります。

外資系予約サイトを利用する時は
  • とにかく細部までしっかり読んで、全てを疑ってかかる。要点は指差し確認するぐらいの気持ちで
  • 証拠となるスクリーンショットを撮っておく
  • 金銭が絡む部分でエラーが出た場合、必ず中断して状況を確認する
  • 予約後にも再度確認を行う(予約直後~数日はホテルへ情報が伝わっていない事もあります。少し時間を空けて確認しましょう)
この記事を書いたのは
タビワザ 編集部

旅行・お出かけに役立つクーポン情報や裏技・最新情報などをご紹介しています