アゴダ(agoda)でホテルを予約した際、朝食付きのプランを予約したつもりだったのにいざチェックインすると含まれていなかった・追加料金を請求されたというトラブルがあります。

というのもアゴダ(agoda)では非常に紛らわしい「朝食アイコン」の表示があり、最後までしっかり確認しないと「食事なしのプランになっていた」「現地で追加料金が必要になるプランだった」という事態になる可能性があります。

アゴダのホテル一覧に表示される朝食アイコンに注意

アゴダでホテルを検索すると、検索結果画面へ上のように「朝食」というアイコンが表示される場合があります。しかしこれは、右側に記載の価格(この画像の場合、「6,781円」「3,842円」)に朝食代金が含まれるという意味ではありません。(※朝食無料ホテルなど朝食込み価格のケースもあります)

このアイコンは「このホテルが朝食を提供できる」事を意味しており、食事代込みプランや素泊まりプランなど様々なプランを販売している可能性があります。

非常に例外的になりますが、一部の無料朝食を提供しているホテル(※宿泊者全員がプラン内容に関係なく無料で朝食を食べる事の出来るホテル)では、「朝食」アイコン自体が表示されていないにも関わらず朝食が提供されているケースがありました。

その為、必ずしも「朝食アイコンが無い=朝食提供が出来ないホテル」とはならないようです。

スマホサイトの場合は「朝食アイコン=朝食付き」

これがスマホサイトになると勝手が変わり「朝食付き」という表現に変わると同時に、確認できた範囲では全てにおいて「朝食付き」アイコンが表示されている場合は併記された価格(※この場合12,200円)に食事が含まれていました。

食事つきかどうかはプラン詳細画面で確認

ホテルを選択し、プラン選択画面へと移動するとプランの一覧が表示されます。そこで【プラン内容】欄を確認する事によって食事が含まれるかどうかを判断する事ができます。

上にある6,781円のプランは【プラン内容】の中に食事についての記載が無い為、食事は含まれません。下の7,064円のプランには【プラン内容】欄に「朝食2名分込み-¥2,691 込み」という表記があるため、朝食が料金に含まれます。

【プラン内容】欄で食事についての記載が無ければ食事は含まれません。

非常に稀なケースですが、プラン内容には食事についての記載が一切無いにも関わらず、部屋の種類の場所に食事についての記載がある物を見た事があります。

例:デラックスルーム(Deluxe) – 朝食込

この宿が宿泊者全員に無料朝食を提供している宿であれば恐らく問題にはならないですが、そうでない場合はトラブルになる可能性もあるので、できる限り出発前に宿泊施設へ予約確認の問い合わせをしておく事をお勧めします。

この記事を書いたのは
タビワザ 編集部

旅行・お出かけに役立つクーポン情報や裏技・最新情報などをご紹介しています