2019年9月、AMOMAが突然サイトを閉鎖、倒産してしまいました。その件については別記事を公開しましたのでご参照ください

ホテル比較サイトの検索結果にも表示されるAMOMA.comは日本語の口コミや評判がまだあまりありません。

サイト自体は日本語化されており、サイトにもユーザーレビューによる高評価をPRする表示があったりと一見すれば問題なさそうに見えます。

しかし実際にサイトを使ってみると、海外での評判は良いのかもしれませんが日本人にはちょっと微妙な点がありましたので、AMOMA.comで予約した時の流れとサポートに関する問題についてご紹介したいと思います。

AMOMAで予約をした経緯

まず初めに、当サイトではAMOMA.comでの予約を推奨していません。価格比較サイトでAMOMAが最安値と表示される場合でも、クーポンなどを使う事で他の大手サイトが最安値になるケースが多々あります。

クーポン情報などもまとめてご紹介しておりますので参考にしてください。

夏から秋にかけて4都市でホテルを手配する必要がありました。普通に大手のサイトで予約しても良かったのですが、せっかくなので記事にもできるよう、そのうち一つはOtel.comで、もう一つをAMOMAで手配してみようと思います。

今回はバンコクで2泊ですが、前回Otelでヒルトンを予約してしまったので今回はちょっと節約気味で安いホテルにしたいと思います。

AMOMAでバンコクでホテルを検索

ホテルを検索した第一印象としては、Agodaなどの他のサイトと比較すると検索結果がだいぶんシンプルな気がします。まあ、大概の人は価格比較サイトからだと思うので検索結果画面はあまり関係ないかもしれません。

Agodaはこんな感じ。ごちゃごちゃしてて見にくいと言えばそうなんでしょうが、条件がアイコンで表示され一目でわかるのは良いと思います。

予約するホテルはカオサン通り近くの安いホテル。以前はバックパッカーの聖地とも言われていたようですが屋台も多く滞在には困ら無さそうです。

AMOMAでホテルを探していて思ったんですが、他のホテル予約サイトと比べて返金可能プランであっても返金可能期間が極端に短いという事。

返金可能プランの場合、だいたいはチェックイン日の数日前まではキャンセルできるケースが多いのですが、AMOMAは殆どが予約日の翌日までしか無料キャンセルができません

AMOMAで予約を実行

もちろん一番安いプランで予約を行います。

こういう予約サイトで予約する場合、利用規約には一応目を通しておくべきです。オーバーブッキングの対応についてはOtel.comと同じ感じのよう。

ただし、チェックインの際、元の予約ホテルが閉鎖、オーバーブッキング状態である、又はメンテナンスに問題があり、ご予約の部屋を提供できない場合、ホテル経営者には、お客様のために類似した基準の代替の宿泊施設を見つける及び/又はお客様に返金する責任があること、並びに返金又は代替の施設提供に関し、AMOMA.comには一切の責任は生じないことについて、お客様は同意するものとします。

返金対応についてはやや突っ込みどころがありますが、外資系であればこの程度の矛盾よくある事。

返金
お客様に適切に返金される場合、AMOMA.comは、お客様のキャンセルや変更のメールを受け取ってから5営業日以内に、クレジットカード、デビットカード又はPayPalアカウントに返金します。

別ページには返金について以下のように書かれていました。

AMOMA.comでは、ご予約もしくは変更があれば、その都度ただちにお支払い、ならびにキャンセル手続きをとり、メールおよびお客様のアカウント内にて通知いたします。営業日であればキャンセルはその場で成立し、24時間以内に返金処理が行われます

 

支払方法の入力画面へ移動

PayPal使えるんじゃないのかよ・・・(※サイトに書いてありました)

他のサイトではもう少し前の段階で入力する事が多いですが、AMOMAの場合はここで割引コードを入力できるようになっています。キャンセル不可という事を確認してカード情報と同意するのチェックを入れれば最終確認して予約完了です。

予約ができているか実際にホテルへ確認

こういうケースの場合、日本出発前にホテルへ直接予約が入っているかどうかの確認をしておくと安心して出かけられます。

今回は今予約したばっかりなので、宿にはまだ間違いなく情報が伝わっていません。後日確認ができましたら記事を更新したいと思います。

AMOMAで予約した結果

追記:agodaでクーポン使ったら同じ部屋がキャンセル可で4422円でした。まあ今回はAMOMAの検証なので別にいいんですが・・・

サイト内に書かれている事が色々と矛盾していましたが、これは外資系のホテル予約サイトであればそこまで珍しくない事、例えばTrip.comも最近はだいぶん改善されましたが少し前までは酷い物でした。

予約の手順や分かりやすさも特に問題ないように思えますが、個人的にはサポートにやはり不安が残ります。東京の電話番号が書かれているので日本語対応してくれると勘違いしがちですが、AMOMAでは日本語によるサポートはありません

国際電話番号一択のOtel.comと比べるとまだマシですが、電話対応が24時間で無い事や、そもそも英語ができない方にとってはトラブル発生時に終わる可能性があるので注意が必要です。

サポートについては別記事でまとめておりますのでご参照ください。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/06/bd5a46f48724991f8eb774de02052f11.pnghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/06/bd5a46f48724991f8eb774de02052f11-150x150.png旅技宿泊・ホテルAMOMA,amoma.com,OTA,ホテル,ホテル予約,宿泊,海外,海外旅行2019年9月、AMOMAが突然サイトを閉鎖、倒産してしまいました。その件については別記事を公開しましたのでご参照ください AMOMA.com終了。サイト閉鎖で予約は無効?返金不可で泣き寝入りか。 ホテル比較サイトの検索結果にも表示されるAMOMA.comは日本語の口コミや評判がまだあまりありません...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。