外資系ホテル予約サイト大手にagodaというサイトがあります。

このサイトはBooking.comグループの会社が運営するサイトで、会社としては決して怪しい所ではありませんが、他のホテル予約サイトよりやや多くキャンセル・返金に関するトラブルを聞くように思えます。

別記事でもご紹介しておりますが、このagodaは他と比べてもややクセのあるホテル予約サイトであると感じており、その原因と対処についてご紹介しようと思います。

agodaは怪しいサイトなのか

agodaは国内・海外と何度も利用した経験がありますが、実際に現地へ行って予約ができていなかったり、キャンセル時に返金されなかったりと言ったようなトラブル経験は今の所ありません

むしろ、航空会社のマイルが貯まったりとメリットが多く存在するので、最安値かもしくは最安値に近い場合は積極的に利用しているホテル予約サイトの一つです。

ただし、予約時に「キャンセル不可」と記載のある物および無料キャンセル期限が記載されており、それを過ぎた物についてはキャンセル料を取られても本来文句は言えません…

ただし、止む負えない事情によりキャンセルする必要が発生した場合に少しでも負担を減らしたいのは誰もが思う事です。

新型コロナウイルスによる特例でのキャンセル料無料化について

新型コロナの影響により、キャンセル不可・無料キャンセル期間超過の予約でもキャンセル料無しでキャンセルできる特例が適用されました。

agodaマイページの予約一覧画面から対象の予約を開き、予約のキャンセルへと進んで下さい。この時、「キャンセル無料」という表示が出ていれば特例による無料キャンセルの対象となります。

出ていなければ特例による無料キャンセルの対象外という事になり、残念ながら通常通りのキャンセル料がかかってしまいます。

agodaの「キャンセル無料」には要注意

agodaではプラン詳細画面や予約画面などにも頻繁にキャンセル料に関する表記があり、決してそれ自体は見つけにくい物ではありません。

上画像のように キャンセル料金なし という表記があり、一見するとキャンセルした時には100%の金額が返金されるかのように思えますが、実はそうではありません。

詳細を確認すると、バッチリ無料でキャンセルできるのはチェックイン日の日前まで。3日前からはご予約料金の全額がキャンセル料として発生します。

以下のようにちゃんと記述されている場所もありますので、よく確認してみましょう。

キャンセル無料期間であれば全額返金されるのか

チェックインの4日より前にオンライン上からキャンセル手続きを行えば、返金不可という表記のあるプランでない限り、決済に使用したクレジットカードへ全額返金されます

以前都合により宿泊できなくなったホテルをキャンセルしたした際も無事に全額が返金されました。

Agodaはキャンセル条件の確認必須

以上のように、agodaは部分部分で勘違いしてしまう可能性のある表記がある物の、「いつまでならキャンセル無料なのか」という事をしっかりと確認した上で予約を行えば返金トラブルは起こらない、安全な予約サイトです。

10%以上のクーポンや限定セールなども常時開催されており、航空会社のマイルがたまるという特徴もありますので、予約の際はぜひ検討したいホテル予約サイトです。

やむ負えない事情でキャンセル料の免除を希望する場合

最近では様々な理由で止む負えないキャンセルが発生するケースがあります。

上記のように無料キャンセル期間であった場合はキャンセル料なく宿泊予約を取り消せますが、無料キャンセル期限を超えてしまった場合や、そもそもキャンセル不可プランの場合は全額返金が絶望的になってしまいます。

 

新型コロナによる特例での無料キャンセルは現在既に行っておらず、それでも可能性をお求めであれば、アゴダのサポートへ直接連絡してみるしか方法はありません。

外資系のホテル予約サイトで返金を求める場合、基本的にやる事は同じです。

・絶対にオンラインでキャンセル手続きは行わず、電話(メールは不可)で交渉する。

・高圧的な態度で無料キャンセルを迫らない

・無理な場合は、宿泊施設へ直接交渉をしてOKを貰えた場合はその旨をagodaのコールセンターへ伝えて無料キャンセル交渉をする

ただし、キャンセル規定に同意して予約している以上、確実な無料キャンセルは望めませんので無理な場合は諦めるしかないようです。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
山口 未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。