大手ホテル予約サイトの一つであるagodaも他の外資系ホテル予約サイト同様、「サポートの対応が悪い」というお決まりな口コミは見られますが、少し違う特徴として課金系のトラブルが多く見受けらます。

しかし私を含めagodaを何度も使っている人の多くがagodaを高く評価し、全体的には良い評価の方が多く見受けられますが、これらの差は何なのでしょうか。

実は、agodaには他のホテル予約サイトとは違う独特なクセがあり、旅慣れていない人ほど陥りやすいトラップがある為、それらを理解しているか否かで評価が大きく変わる恐れがあります。

20回以上agodaを利用しているが問題無し

まず個人的な話なのですが、国内・海外を問わずagodaは直近3年間で20回以上利用しており、現地払い・事前払いと決済方法も様々ですが、トラブルを経験した事はありません(※1)

(※1) 事前支払いをしていたにも関わらず、一度 東南アジアの安宿でチェックイン時に支払いを求められた事はあります。ただし支払いの証拠を提示し単なる宿側の確認ミスという事で問題無くチェックインできました。

この件はagodaの責任では無く、単にホテルの担当者の確認ミスだったので個人的にはagodaの予約トラブルとは考えていませんが、この辺りも評価の結果に影響する要因の一つとして記事の後の方で詳しく書きたいと思います。

その他、二重請求や予約できていなかった、予約内容が違ったなどのトラブル経験はありませんし、周辺のagodaを比較的多く使っているという方に聞いてみても特にトラブルの話は出てきませんでした

基本的にSNSなどを見ていても殆どはagodaに対してポジティブ、良い評価の口コミが大半を占めます。それでは悪い評判というのはどのような物があるのでしょうか。

サポートの対応が悪いという評判

「サポートの対応が悪い」については、もうどのホテル予約サイトでも一定数こういう口コミはあり、agodaが飛び抜けて多いという訳ではありませんので残念ながらほぼ参考になりません。

しかし、agodaの日本語電話サポートは 午前9:00~午後9:45と時間が限られておりフリーダイヤルも存在しない為、そういう意味でサポート体制が良く無いと言えばそうかもしれません。

 Agoda(アゴダ)の日本語電話サポート番号:03-5767-9333
Agodaの日本語サポートについて詳細はこちら

Hotels.comやTrip.comは24時間通話料無料で日本語電話サポートを行っていますし、LINEやチャットでのサポートも行っており、手厚い感じはします。

請求関係のトラブル

agodaで多く見られたのは料金・請求に関してのクレームで「キャンセル料の扱い」「予約時とは違う金額の課金」「支払済みにも関わらず現地で再び支払いを求められた(二重請求)」というような内容です。

最初に記載の通り、agodaは他の予約サイトと比べてややクセがあるという印象があり、トラブル要因として考えられる事をいくつかご紹介したいと思います。

税・サービス料が加算された事による金額差の発生

これはagodaに限った話ではありませんが、いくつかのホテル予約サイトでは最終画面で「税・サービス料」が別途加算され、いきなり金額が上がったように感じてしまう事があります。

このように部屋の一覧画面では 6,779円と表記されていても、いざ予約支払画面に進むと

848円の税・サービス料が加算され、合計が7,627円になってしまいました。この仕組みを知っている人であれば何とも思いませんが、初めての方には誤解を与えやすい仕組みである事は間違いありません。

レート変動による請求額の変動

上の例の宿はアメリカのホテルですが合計金額は日本円で表示されており、これが問題の一つとなっています。

これもagodaだけに限った事ではありませんが、予約だけを行い、宿泊料金はホテルで直接支払うという方式で予約し、現地でクレジットカード払いした場合、予約時にAgodaの画面上へ表示された日本円の金額とカードへの請求額が同じになる事はまず99.9%ありません。

通貨換算レートの関係で請求金額が変わり、予約時の金額とは違う額がカードに請求されてしまいます。

この問題を避ける方法は一つ、現地通貨での表示に設定してから現地通貨額を把握した上で予約を入れるようにするか、事前に支払ってしまうようにするかです。

キャンセル料や期間の表記

キャンセル料や期間の表記については十分わかりやすいのですが、それでも他のサイトと比べると若干の不親切さがあると思いました。

予約画面の一番下、次へボタンの右側に【キャンセル料金なし】という表記がありますが、これを見てどう思われるでしょうか? 「いつまでならキャンセル無料なの?」と思えれば問題ありません。

ちなみに正解は以下の通りです。

バッチリ無料でキャンセルできるのは日前までで、現地時間で3日を切ると全額がキャンセル料として徴収されます。キャンセル期日の表記は一か所ではありませんが、部分的にあるこの様な表記を見て誤解したまま予約を進めるとトラブルの原因になりかねません。

その他にも、このように 12日の【前日】まではキャンセル無料 と書かれていたり・・・。わざわざ前日を強調するなら素直に【11日まではキャンセル無料】と書けばいいものを…パッと見、宿泊日の前日までと勘違いしてしまっても不思議ではありません。※これもホテル現地時間です。

提携・下請けによる複雑な予約経路

一番の問題点として挙げられるのが、複雑な予約経路による予約内容や支払情報の伝達ミスとそれに付随する問題であると思います。

agodaは多くのグループ会社・提携会社が存在し、その予約経路の複雑さによって「事前支払い済みなのに現地でチェックインの際に再度支払いを求められた」という問題が起きやすいのではないかと考えております。

2016年8月時点でagodaに掲載されている宿の件数は約60万件でしたが、そのうちagodaと直接契約している宿は約20%にあたる約16万件のみ。残りの約44万件はagodaで予約した後グループ会社・提携会社経由で予約手配されるという仕組みになっており、これは予約画面で確認する事ができます。

SelectRooms経由での予約

下画像の宿を予約した場合、実際にはSelectRoomsというサイト経由でホテルが予約されます。(※厳密に言えばこのSelectRoomsの下にも更なる下請けや提携会社が存在する可能性はありますが)

Booking.com経由での予約

上の画像はBooking.com経由で予約が行われるホテルです。これも同様にagodaで予約したとしても実際にはBooking.com経由で支払情報・予約がホテルに伝わります。実際のホテルのページは下のURLをご覧下さい。

モーター ヨット バート ボート & ブレックファースト|Agoda.com

日本国内では?

日本国内ではJTBと提携しており、2017年1月時点ではagodaに掲載のある国内のホテルのうち約4,500軒がJTB経由で予約手配されるという事です。

JAPANiCAN.comとはJTBが運営する訪日外国人向けホテル予約サイトです。

あとは楽天トラベル経由で予約されるホテルもありました。

予約の確認や変更・キャンセルはagodaのサイトででき、サポートもagodaが請け負いますが、下請けが存在する以上は問題が発生する可能性も上がり、トラブル発生時の解決にも時間がかかるでしょう。

この下請け制度による深刻な問題

そしてこの下請け制度により伝達ミスが発生する、トラブル時の対応が遅れるという事以外にももう一つ深刻な問題が考えられます。

それは、

○宿泊者側はagodaで予約(支払)したと思っており、agodaの予約票や予約番号を提示する

しかし

○ホテル側には楽天トラベルから予約が入っており、宿泊者の主張と矛盾が発生する

という事です。

ここからはホテルの対応次第ですが、これらを別の客と考え「Agodaからの予約なんて入っていない」と一蹴するか「別人だった時の為にAgoda客からは宿泊費だけ取っておこう」と考えるか、同一予約として処理して貰えるかではないでしょうか。

そして前者二つの場合が問題になり、「来たagoda客」と「来なかった楽天トラベル客」という架空の人物が出来上がってしまい、これが二重請求や予約の消失につながる可能性があります。

agodaは結局どうか

agodaは日本でTVCMも流しているBooking.comと同系列企業のサイトであり、大前提として決して怪しい会社では無く、悪い評価以上に多くの良い評価を得ている個人的にもお気に入りのホテル予約サイトです。

しかし上記の通りややクセのあるホテル予約サイトである事も確かなので、不安を抱く必要は全くありませんが、予約時には記載されている内容をよく読み、理解・納得した上で予約する事で多くのトラブルを回避する事ができます。

agodaはクーポンも豊富にあり価格面でも他のサイトより良い場合が多くありますので、是非活用してください。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/07/46d7ecd0c62e8811005ed1f667514d44.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/07/46d7ecd0c62e8811005ed1f667514d44-150x150.jpg旅技宿泊・ホテルagoda,クーポン,ホテル,予約,口コミ,海外,評判大手ホテル予約サイトの一つであるagodaも他の外資系ホテル予約サイト同様、「サポートの対応が悪い」というお決まりな口コミは見られますが、少し違う特徴として課金系のトラブルが多く見受けらます。 しかし私を含めagodaを何度も使っている人の多くがagodaを高く評価し、全体的には良い評価の方が多く見受けられますが、これらの差は何なのでしょうか。 実は、agodaには他のホテル予約サイトとは違う独特なクセがあり、旅慣れていない人ほど陥りやすいトラップがある為、それらを理解しているか否かで評価が大きく変わる恐れがあります。 Agoda アゴダで使える最大10%OFFのプロモーションコード 20回以上agodaを利用しているが問題無し まず個人的な話なのですが、国内・海外を問わずagodaは直近3年間で20回以上利用しており、現地払い・事前払いと決済方法も様々ですが、トラブルを経験した事はありません(※1) (※1) 事前支払いをしていたにも関わらず、一度 東南アジアの安宿でチェックイン時に支払いを求められた事はあります...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。