航空券比較サイトなどで検索すると、LCCであっても公式サイトで購入するより安い航空券がTrip.comで見つかる事があります。その反面、Trip.comで航空券を予約した人がトラブルに遭遇するというケースも目立っています。

今回はTrip.comで販売されている航空券とそのトラブル、対策についてご紹介したいと思います。

Trip.comで販売されている安い航空券

trip.comでは日本国内線を含むアジア圏のフライトで特に他のサイトより安い航空券が多くみられます。

日本国内線でも安いtrip.comの航空券

 日本国内線のフライトに限って言うと、昔のようにツアー用の航空券をばら売りするいわゆる「格安航空券」というのは見かけなくなり、現在は航空会社による正規割引運賃のチケットが販売されています。

その為、基本的には旅行代理店や旅行予約サイトを通さず、航空会社のHPで購入するのが手数料等かからず最安値になるのですが、Trip.comはこの国内線であってもANAやJALのサイトで購入するより安いというケースが多々あります。

それはLCCでも例外ではありません。

確か香港エクスプレス(LCC)だったと思いますが、片道数千円という大型のセールをやっている時でさえ、更にその上を行く値段で航空券が販売されているという事もありました。

航空券が異常に安い理由

Trip.comを含めた多くの旅行予約サイトはホテル・航空券共に全てを自社で手配している訳ではありません。Trip.comで販売されている航空券は大きく分けて以下の二種類があります。

  • (1) Trip.comが自社で保有し販売ている航空券
  • (2) 下請け会社を通じて手配される航空券

上で挙げたような特に安い航空券、そして以前トラブルになったという方が購入していた航空券というのは、殆どが(2)の下請け会社経由で手配される航空券でした。

※trip.comはホテルについては下請け企業の存在を認めていますが、航空券については何の発表もしていません。なので、確実に下請けが存在するとは断言できませんが、状況的に間違いなと考えています。

航空券が異常に安い理由は、中国の下請け会社が単にツアー用の航空券をばら売りしているだけでしょう。まさか訪日外国人向けの航空券を売ったりはしてないと思います。

下請け経由で発行される航空券の見分け方

Trip.comにおける東京⇔大阪間のジェットスターの予約画面ですが、上画像の通り同じ便で三種類の運賃が設定されています。

この三つのうち公式サイトで購入するよりも価格が安いのは赤で囲んだ航空券のみ。後の二つは手荷物の量で若干価格が変わっている物の公式で購入するよりやや高い、旅行代理店の手数料分が上乗せされた普通の価格設定です。

そして、安くトラブルの多い航空券に共通するのは、発券までに時間がかかる事。上の画像でも赤枠だけ24時間以内に発券となっており、他の二種類より時間がかかっています。

Trip.comが自社保有する航空券の場合はすぐに発券処理ができるので1時間半以内に発券できるが、下請け企業経由の場合は夜間など営業時間外の場合に対応できないので発券まで最大で24時間かかってしまうという理由だと推測しています。

つまり、発券まで時間がかかる=それは下請け経由で手配される航空券という認識でいます。

下請け経由で発券さえる航空券に問題が多い理由

フライトが欠航になったり予約内容に訂正が生じた場合、何か問題が発生した場合なども、発行した旅行会社経由でしか変更や返金・キャンセルなどはできません

下請け経由で発行された航空券に対してTrip.comが手出しする事は出来ず、結局「下請け会社⇔Trip.com⇔顧客」という伝言ゲーム状態になってしまいます。

「Trip.comに何度問い合わせても進展が無い」「言う事がコロコロ変わる」というのは、下請けから明確な返事が貰えないor下請けがちゃんと対応していない事によってTrip.com側も状況を把握できず、何も言えなくなっているというケースが考えられます。

trip.comの回し者ではありませんが、Trip.comのサポートは外資系予約サイトの中では間違いなくマシな方です

Trip.comでトラブルに遭遇された方からすると「あり得ない!」となるかもしれませんが、もっと酷い所は多く、自社保有か否かでトラブル時の印象はだいぶん変わってきます。

・A社のサイトでA社と直契約する宿泊施設を予約してトラブったケース

・Trip.comで下請けが保有する宿泊施設を予約してトラブったケース

この2パターンでは間違いなくTrip.comの方がトラブル処理にかかる時間は増え、サポートへの印象は悪くなります。

Trip.comで買った航空券でトラブルに会わない方法

個人的には発券まで時間のかかる航空券をTrip.comで購入した事はありますので購入自体を控えた方が良いとまでは言いません。

Trip.comで発券に時間のかかる航空券を買う時は、トラブル時にそれなりにリスクがある事を理解した上で有効活用すれば問題ないと思います。

トラブル時の対処

トラブル時はTrip.comに限らず外資系はメールでやり取りしているとらちがあきません。交渉ごとは電話で。メールで何かを送れと言われた場合は送信後に電話して確認する(※まあ、この場合下請けが絡んでいるケースが多くあんまり意味無いと思いますがやらないよりはマシでしょう)

サポートの言う折り返す・連絡するはあまり信用できません。そう言われた場合は何時までにと時間を決めて、それまでに連絡が無ければこちらから電話しましょう。

「責任者を出せ」「上司に電話変われ」は言ってもまず意味がありません。

トラブル時は怒鳴りたくなるかもしれませんが、冷静になって電話で交渉。とにかく電話。返事が来ないと何日も待っているといつの間にか数ヶ月が経って・・・という事態になりかねないので積極的に電話で交渉。

Trip.comは他の外資系ホテル予約サイトと違い、通話料のかからないフリーダイヤルが用意されています。通話料の心配をせず存分に活用しましょう。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/06/4bfe31020dcd9267ecac9c6c1c1cc250_s.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/06/4bfe31020dcd9267ecac9c6c1c1cc250_s-150x150.jpg旅技交通機関Trip.com,トラブル,海外,航空券,飛行機航空券比較サイトなどで検索すると、LCCであっても公式サイトで購入するより安い航空券がTrip.comで見つかる事があります。その反面、Trip.comで航空券を予約した人がトラブルに遭遇するというケースも目立っています。 今回はTrip.comで販売されている航空券とそのトラブル、対策についてご紹介したいと思います。 Trip.comで販売されている安い航空券 trip.comでは日本国内線を含むアジア圏のフライトで特に他のサイトより安い航空券が多くみられます...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。