シンガポール オーチャーロード

シンガポールをはじめとした熱帯地域では避けて通れない突然の大雨に見舞われるスコールの問題。今回はシンガポールへ旅行へ行かれる方のために、シンガポールのスコールの状況と対策などをご紹介したいと思います。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン

シンガポールでのスコール

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Mr. Duc Long Maiさん(@duclongm)がシェアした投稿

シンガポールは雨季(11月~1月ごろ)、乾季(2月~10月ごろ)に分かれており、その印象から激しい雨が降るスコールは雨季に発生すると思われがちですが、スコールは年間を通じて発生します

乾季だから大丈夫と安心していると、思わぬ大雨でびしょ濡れになってしまう事もありますので、十分な対策をしておく事が求められます。

雨季のスコール

雨季はその名の通り雨の多い季節、湿度が高くじめっとしていて太陽もあまり顔を出しません。しかし雨季と言えども終日雨という訳では無く、じめじめした気候+スコール+曇りと言った感じの天気が続きます。

雨季のスコールはザッっと降ってすぐに止むという乾季の物とは違うので、この時期は傘があると安心できます。

強烈な直射日光が無い分逆に観光には良いかもしれませんので、ツアー代金が安くなる時期などを狙ってみるのもおすすめです。

乾季のスコール

前述の通り、シンガポールは乾季であってもスコールが発生します。

ただし乾季のスコールは比較的短時間で止む事が多く、せいぜい1~2時間。傘を持って観光を続けると言うよりかはスコールに遭遇した時はショピングモールに入ったり、近隣の飲食店で雨宿りをして雨が上がるのを待つ方がおススメ。

傘が役にたたない程、打ち付けるような雨が降る事もあります。

そしてこの時期は日差しも強く、建物内では比較的強めに空調が効いている事から、雨で濡れた後雨宿りの為にショッピングモールなどへ駆け込もう物なら寒い思いをします。

大汗をかいたり濡れていない状況では、そこまで強烈な空調ではありませんが、スコールに備えて体を拭く物や、日除けを兼ねて羽織る物があると安心できるのではないでしょうか。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。