アメリカンエキスプレスカードのゴールド会員以上が利用でき、現地で困った事などがあれば24時間いつでも日本語で電話で相談できるというのが「オーバーシーズアシスト」。

このオーバーシーズアシストを使ってネットでは満席表示だったレストランの予約ができたという体験談をご紹介したいと思います。

オーバーシーズアシストを使ってできる事

まず最初にオーバーシーズアシストと言うサービスを利用してどのような事を依頼できるのでしょうか。

ミュージカルのチケットを…花束の手配を…とか色々あるんですが、ここでは一般的に旅行で遭遇するであろう現実的な状況をいくつか例としてご紹介したいと思います。

  • 飛行機の遅れでホテルへのチェックインが大幅に遅くなる…でも英語に自信が無いのでホテルにその旨連絡して欲しい。
  • レストランを予約して欲しい。滞在地周辺で評判のいいレストランを紹介・予約して欲しい。
  • ○○(観光地)への行き方が分からないから教えて欲しい、バス・電車などの移動手段も手配して欲しい
  • ○○へタクシーを呼んで欲しい
  • 貴重品を無くしてしまった!この後どうしたら良いか相談したい
  • 体調が悪くなったので現地市販薬の事や病院の相談がしたい
  • 言葉が通じなくて困ってる、通訳をしてほしい。

添乗員さんがいる場合を除いてパッケージツアーでもここまで細かい対応は期待できないのではないでしょうか。

特に威力を発揮する3つの事柄

この中で特に注目したい3つの事柄があります。

  1. 電話越しの通訳サービス
    ホテルのチェックイン・アウトや買い物、現地レジャーの最中、レンタカーでのトラブルなどで言葉の問題が発生した時、24時間いつでも電話越しに通訳をしてくれるこのサービスは最高に心強く、ビジネス用途は無理ですが、クレジットカードに関係ない事でも通訳を依頼する事ができるので是非押さえておきたいポイントです。
  2. 体調を崩した・ケガをした時
    クレジットカードには海外旅行保険も自動付帯されているので、体調が悪くなった時の相談から必要に応じて病院の紹介・手配、移動手段、診療時の通訳、保険の請求など全て一か所でしかも日本語で処理できるのは非常に大きなメリットと言えます。
  3. レストランの予約
    高級レストランなんて~と思いがちですが大衆的なお店の予約も大丈夫、特に人気店やテーマパーク内にあるような混雑店などの予約をしたい時に力を発揮します。ネットから申し込もうとしても満席だったのにここにお願いすると予約が取れた・・・!?

オーバーシーズアシストを実際に使ってみた

いろいろ書いてますが実際に使ってみないと記事の説得力もありません。そこでアメリカのディズニーランドに行った際、パーク内にある人気レストランを予約してもらう事にしました。

そこまで高級レストランという訳ではありませんが、人気の場所なので事前に予約していかないと当日直は厳しい・・・という所です。ちなみに事前にWEBから予約をしようと思ったのですが、希望日時では満席表示で予約を取る事が出来ず、まあ予約できなくても仕方ないか~一応聞いてみよう位の気持ちで電話をしてみました。

アトランタ国際空港からIP電話を使って

アメリカにあるディズニーへ行く途中、アトランタ国際空港での乗り継ぎ時間を使ってオーバーシーズアシストへ電話してみました。するとワンコールでオペレーターの方が電話に出られ、クレジットカード番号などの必要な情報を伝えまずは利用資格の確認をされます。

次にレストランの予約をお願いしたい旨を伝え、レストランの名前を・・・とここで問題が発生。空港wi-fiを使ってIP電話でかけていたので、電波状態があまり良く無く電話が切れてしまいました…。

電波状態を確認して再度電話する

すぐに電波状態の良い所に移動してもう一度かけ直すと再び1回のコールでオペレーターの方が出ましたが、さっきとは明らかに違う声の人。また最初からカード番号とか伝えなきゃ…そう思いながら途中で電話が切れた事を伝えると、しばし確認の時間があり続きから再開してくれました!

発信元の番号で判断してくれたんでしょうか。先程伝えていた事はちゃんと引き継がれておりレストラン名、日時・人数と何か特別なリクエストがあるかなどを聞かれます。

満席の筈なのに予約が取れた

予約できるかどうかレストランに確認して結果を折り返しますとの事で一旦電話を切り連絡を待つ事数分、「希望日時で予約が取れました」と連絡がありました。

あれ? ウェブでは満席表示になっていたのに…これがアメリカンエキスプレスの力なのか、それとも単にお店に直接電話すれば予約できたのかは分かりませんがとにかく予約を取る事ができました。

アメリカンエキスプレス様有難うございます。

当日予約してもらったレストランへ

あまりにもスムーズに店内へ案内されたので写真を撮る暇もなかったのですが、当日予約したレストランに行ってみるとなんと長蛇の列

オーバーシーズアシストを利用して事前に予約しておいて本当によかたっと思った瞬間でした。

オーバーシーズアシストを利用できるクレジットカード

オーバーシーズアシストを利用するには特定のアメリカンエキスプレスカードを保有している必要があり、2万円を超える年会費がかかってしまいます。

しかし、これらのクレジットカードには高額な海外旅行保険の他に非常に高額なボーナスポイント制度があり、1回海外旅行に行くだけで年会費以上の元は簡単に取れる仕組みになっています。

最後にオーバーシーズアシストが利用できるおすすめのクレジットカードを3つご紹介いたします。

SPGアメリカンエキスプレスカード

シェラトンホテルやマリオットホテルなどの高級ホテルを展開する会社がアメリカンエキスプレスと提携して発行するクレジットカードで年会費は31,000円(税別)

私も愛用するこのクレジットカードは、入会ボーナスとして総額で33,000ポイントと言う超高額ポイントを受け取る事ができ、このボーナスポイントを使えば高級ホテルへ最大6泊も無料で宿泊する事ができます。

海外旅行で6泊分の宿泊代が31,000円と考えると、オーバーシーズアシストや付帯保険などを考慮しなかったとしても元が取れてしまいます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカンエキスプレスの基本カードで年会費は29,000円(税別)とSPGアメックスに比べればやや安いですが、高額な海外旅行保険はもちろん、高級レストランが無料になったり空港でVIP向けのラウンジ(待合室)を利用できる、けがや病気で旅行に行けなくなった時のキャンセル費用を保証してくれるなどの旅行に関する優れたサービスが付帯しています。

このカードは入会ボーナスとして最大45,000ポイントを獲得する事が出来、単純に最大で1ポイント1円としてカード利用代金に充当できますので、年会費を大幅に超える還元率となります。

デルタ・アメリカンエキスプレスゴールドカード

通称デルタアメックスと言われるこのカードは入会初年度にデルタ航空の上級会員になる事ができ、空港および飛行機搭乗時にもVIP待遇を受ける事ができる相当時間の節約になるカードで、私もかなり昔からこのカードを愛用しており、海外旅行の時には手放せない存在になっています。

年会費は26,000円(税別)と3枚の中で一番低価格ながら、高額な海外旅行保険が付帯するのは当然として、キャンセルプロテクションや高額な4.7万マイルの入会ボーナスマイルなどが特徴です。

47,000マイルあれば日本国内線だと東京⇔関西を3往復できますし、韓国までビジネスクラスで往復、エコノミーだとグアムやタイ・シンガポールなどにも往復できます。

単純に1マイル1円の価値でJTB旅行券に交換する事も出来る為、年会費分の元は十分に取る事ができます。

オーバーシーズアシストで予約してもらった感想

一旦電話が切れてしまった時の引継ぎ対応なども含め、本当に素晴らしいさすがアメリカンエキスプレスいう感想です。

レストラン予約と聞くと高級レストランやホテルレストランを想像しがちですが、大衆向けの安いレストランであっても、アメリカンエキスプレスカードが使えないレストランであっても予約をお願いする事ができ、アメックス経由で予約しておけば万が一キャンセル・変更をする事になった場合も言葉の心配なく安心できます。

 

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2017/03/2154529449482b795d34744d29f3b726_s.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2017/03/2154529449482b795d34744d29f3b726_s-150x150.jpg旅技クレジットカードアメリカンエキスプレス,オーバーシーズアシスト,デルタ,海外旅行アメリカンエキスプレスカードのゴールド会員以上が利用でき、現地で困った事などがあれば24時間いつでも日本語で電話で相談できるというのが「オーバーシーズアシスト」。 このオーバーシーズアシストを使ってネットでは満席表示だったレストランの予約ができたという体験談をご紹介したいと思います。 オーバーシーズアシストを使ってできる事 まず最初にオーバーシーズアシストと言うサービスを利用してどのような事を依頼できるのでしょうか。 ミュージカルのチケットを…花束の手配を...とか色々あるんですが、ここでは一般的に旅行で遭遇するであろう現実的な状況をいくつか例としてご紹介したいと思います...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。