赤ちゃん連れで入国審査を受ける際、多くの国では係員に特別レーンへ案内して貰える事がありますが、シンガポールのチャンギ国際空港については車椅子、介助の必要な人、妊婦、赤ちゃん連れの専用レーンがあり赤ちゃんマークの表示も出ています。

赤ちゃんレーンを使えるのは何歳まで?

赤ちゃんレーンを使えるのは何歳まで?という話になるかと思いますが、特に年齢制限があるような表記はありません。

常識的な範囲で1~2歳程度までじゃないでしょうか?電車などの優先席にも赤ちゃんマークがありますが、それを何歳までと解釈するかと同じだと思います。

シンガポールへ赤ちゃん連れで行かれる場合は是非、端っこの方にある優先レーンを使ってみてください。家族単位の大人数で入国審査を受ける方が多いので進み具合は他のレーンと比べると若干遅いですが、それでも空いている事が多いです。

ちなみに、シンガポールの入国審査で滞在日数や目的など何かを聞かれた事は無く、指示された時に機械へ親指を当てて指紋をスキャンされるだけで終始無言です。家族全員一緒に審査を受ける事が出来るので英語が苦手な方でもハードルが低いと思います。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
山口

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。