海外旅行に行く際には必ず複数枚用意しておきたいのがクレジットカードです。以前はトラベラーズチェックが主流でしたが現在日本ではトラベラーズチェックは新規発行されておらず、紛失や盗難などの観点からもメリットの大きいクレジットカードが必要不可欠になっています。

今回は海外旅行にかなり力を発揮する旅行向けのクレジットカードをご紹介したいと思います。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン

国際ブランドの選択

VISA・Masterなど様々な国際ブランドがありますが、原則海外旅行へは

  • VISAとMaster、予備としてAmericanExpressという3枚
  • VISA か MasterとAmericanExpressの2枚

という組み合わせが多くの国・地域でストレスなく快適に旅行を楽しむ事の出来る組み合わせです。詳しくは別ページでご紹介しております。

エポスカード

まずは年会費無料にも関わらず高額な海外旅行保険が自動付帯、そして国内にも沢山の提携優待施設を持つエポスカードです。

このカード最大の特徴として、年会費が無料なのに高額な海外旅行保険が自動付帯するという事。海外旅行保険の重要性や必要金額の目安などは別記事で書いておりますのでそちらをご参照ください。

以下の表を見ると「あれ、死亡・後遺症が最高500万って少なくない?」と思われるかもしれませんが、上記リンク先の記事でもご紹介している通り、一番重要なのは怪我・病気の時の補償金額です。

傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用 (けが)200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 (病気)270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

国際ブランドがVISAという事もあり、海外旅行保険に別途加入するならどうせ年会費はタダなのでこれを保有する方が利便性も上がります。

エポスカードは他のクレジットカードと比べ国内に提携する優待施設が多く存在します。その為、国内でのレジャーでも力を発揮するカードです。

新規入会で最大8,000円分のポイントを取得

現在、下のキャンペーンページからエポスカードへ新規入会すると、最大で8,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを実施中。年会費が無料なので貰えたポイント分はまるまる得になる太っ腹なキャンペーンです。

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカンエキスプレスカードは一番スタンダードなグリーンカードでも年会費が12,000円と高額ですが、このセゾンが発行する「セゾンブルーアメリカンエキスプレスカード」は年会費が3,000円&26歳未満は無料

もちろんアメリカンエキスプレス特有の充実した海外旅行保険や海外でのサポートなどを受ける事もできるので、海外旅行では非常に頼りになる一枚です。

セゾンアメックスには3種類のカード

同じシリーズで「セゾンパール」「セゾンゴールド」というグレードの違うカードがあります。一番バランスがとれていてオススメなのはこの「セゾンブルー」ですが、より充実した保険を望む場合はセゾンゴールドもオススメ。比較記事を別に掲載しております。

充実した旅行保険

年会費が3,000円という安さに反して付帯する旅行保険は自動付帯。カードを保有しているだけで保険の対象となり、金額も非常に大きいのが特徴です。

海外旅行
死亡・後遺障害最高3,000万円
障害治療(けが)最高300万円
疾病治療(病気)最高300万円
救援者費用最高200万円
賠償費用最高3,000万円
携行品損害最高30万円
国内旅行 (※国内は利用付帯)
死亡・後遺障害最高3,000万円
入院費用5,000円/日
通院費用3,000円/日
家族特約なし

SPGアメリカンエキスプレスカード

今一番注目されているシェラトンホテルやマリオットホテルなどの高級ホテルを展開する会社がアメリカンエキスプレスと提携して発行するクレジットカードで年会費は31,000円(税別)

私も愛用するこのクレジットカードは、入会ボーナスとして総額で33,000ポイントと言う超高額ポイントを受け取る事ができ、このボーナスポイントを使えば高級ホテルへ最大6泊も無料で宿泊する事ができます。

海外旅行で6泊分の宿泊代が31,000円と考えたらいかがでしょうか、オーバーシーズアシストや付帯保険などを考慮しなかったとしてももう既に元が取れてしまいます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカンエキスプレスの基本カードで年会費は29,000円(税別)とSPGアメックスに比べればやや安いですが、高額な海外旅行保険はもちろん、高級レストランが無料になったり空港でVIP向けのラウンジ(待合室)を利用できる、けがや病気で旅行に行けなくなった時のキャンセル費用を保証してくれるなどの旅行に関する優れたサービスが付帯しています。

このカードは入会ボーナスとして最大45,000ポイントを獲得する事が出来、単純に最大で1ポイント1円としてカード利用代金に充当できますので、年会費を大幅に超える還元率となります。

デルタ・アメリカンエキスプレスゴールドカード

通称デルタアメックスと言われるこのカードは入会初年度にデルタ航空の上級会員になる事ができ、空港および飛行機搭乗時にもVIP待遇を受ける事ができる相当時間の節約になるカードで、私もかなり昔からこのカードを愛用しており、海外旅行の時には手放せない存在になっています。

年会費は26,000円(税別)と3枚の中で一番低価格ながら、高額な海外旅行保険が付帯するのは当然として、キャンセルプロテクションや高額な4.7万マイルの入会ボーナスマイルなどがあります。

47,000マイルあれば日本国内線だと東京⇔関西を3往復できますし、韓国までビジネスクラスで往復、エコノミーだとグアムやタイ・シンガポールなどにも往復できます。

単純に1マイル1円の価値でJTB旅行券に交換する事も出来る為、年会費分の元は十分に取る事ができます。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。