小田原城址公園内に存在した小田原動物園、閉園して現在は広場の片隅で数匹のニホンザルが飼育されているだけで動物園の面影を感じ取る事はできません。

そんな小田原城の動物園、廃止が決定されており今後動物が増える事も期待できない状況であるものの、不定期で移動動物園による動物との触れ合いがイベントが開催されるようになりました。

小田原城址公園 ふれあい動物園

以前は小田原城址公園でおおよそ1か月に1度の頻度で開催されていたふれあい動物園も最近ではあまり開催されなくなり、同様のふれあいイベントは同じ小田原市内の大型公園である「わんぱくランド」で開催されるようになりました。

その為、観光で小田原城を訪れた際に動物と触れ合い…というレジャープランは現在ではほぼ成り立たなくなってしまいました。今後開催される「ふれあい動物園」の予定は小田原市事業協会のHPで確認することが出来ます。

 

代わりと言っては何ですが、小田原城に隣接する「報徳二宮神社」の境内で鯉に餌をやる事が出来ます。

エサは境内で販売されており、冬の時期はお休みになりますが、結構な勢いで食いついてくるので子供連れで訪れた場合は一度試してみると喜ぶかもしれません。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
山口

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。