中込農園で梨狩り

例年はブドウ狩りだけなんですが、今年は3歳の子供を含めた家族三人でナシ狩りに訪れました。山梨県にある中込農園さんの60分食べ放題で梨をどれだけ食べられたのか、現地の様子や金額・気になる駐車場についてもご紹介したいと思います。

山梨県・中込農園で梨狩り

中込農園 地図

別記事で中込農園のブドウ狩りについてもご紹介しており、そちらで駐車場などについては詳しく記載しております。ざっくりとした地図は上記の通りで、P1に梨畑が隣接していますがまずは最初に受付へ行かなければなりません。

今回訪れた中込農園はじゃらんで事前に味覚狩りの予約をする事ができます。今回の梨狩りを予約したのは8月の日曜日、午前0時過ぎてからだったので実質当日予約になってしまいましたが何ら問題なく予約を取る事ができました。

じゃらんで味覚狩りを事前予約するとクーポンを利用する事ができます。500円OFFや2000円OFFなど結構高額なクーポンが配布されているので確認して下さい。

じゃらん遊び体験のクーポンをチェックする

中込農園で味覚狩り:いざ梨狩り

中込農園 梨狩り受付

受付でもらった黄色の紙を提示するとお皿と皮をむく為の包丁を貸して貰えます。梨畑はこのテントのすぐ裏側にあり、訪れたのは日曜日の10時半頃でしたが他には誰も居ませんでした。

中込農園で梨狩り 子供でも届く

園内にはたくさん梨が成っており、3歳の子供でも手が届く場所に果実が!袋をはがしても良いので黄色い梨を取ると美味しいよと教えて貰えました。

中込農園で梨狩り:高い所のナシを取る器具

高い場所の方が色づいている梨が多く、脚立や上の写真のような高い場所の梨を取る為の器具も用意されています。十分手が届く高さですが、息子はこの器具がお気に入り、どうしても使いたいとこうなりました。

中込農園で梨狩り:座って食べられる椅子も用意

中込農園で梨狩り:椅子が用意

園内にはテントと椅子が用意されており、もいだ梨を座ってむいて食べる事ができます。椅子の数はそこまで多くありませんでしたが、梨狩りの人自体も少ないので足りているという状況。人が増えたら椅子も増えるんでしょうか?

クーラーボックスに冷えた梨が…というサービスは無く、日当たりの良い場所になっている梨だとちょっと暖かくなっていましたが、それでも甘い汁がいっぱいで美味しくいただけました。

梨園の横には手を洗う為の水タンクも用意されており、手がベトベトになってしっても安心です。

中込農園で梨狩り:お手洗いに行きたくなったら

周りは全て畑なので綺麗なお手洗いはありませんが、梨狩り・ブドウ狩り共にP1駐車場から1分ほど歩いた場所へ仮設トイレが設置されています。

中込農園:味覚狩りのお手洗い

トイレは一か所だけで手洗い用の水タンクなども用意されていますが、あくまでも仮設トイレなので気になる方は事前にお手洗いを済ませておいた方が良いと思います。ちなみに和式のみです。

中込農園:味覚狩りのお手洗い

臭いも無くかなり衛生的に保たれているとは思いますが・・・まあ。

中込農園で梨狩り:まとめ

日曜日でしたが人も少なくかなりゆっくりと梨狩りを楽しむ事ができました。時間無制限のプランもあるけど60分で十分だったかな。

園の人は美味しい梨の見分け方や取り方などをとても丁寧に説明してくれ、子供も大満足の様子でした。ただ沢山食べられるかと言うと・・・今回は家族三人で8個でした。

コスパで言えば近くの直売所で梨を買う方が間違いなく良いと思いますが、梨もぎ取り体験の満足度は高くまた訪れたい農園です。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/08/05b4697d4a5882d14795fafe2f3093fc.pnghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/08/05b4697d4a5882d14795fafe2f3093fc-150x150.png旅技味覚狩り国内旅行おでかけ,レジャー,中込農園,体験,味覚狩り,家族,山梨県,梨狩り例年はブドウ狩りだけなんですが、今年は3歳の子供を含めた家族三人でナシ狩りに訪れました。山梨県にある中込農園さんの60分食べ放題で梨をどれだけ食べられたのか、現地の様子や金額・気になる駐車場についてもご紹介したいと思います。 山梨県・中込農園で梨狩り 別記事で中込農園のブドウ狩りについてもご紹介しており、そちらで駐車場などについては詳しく記載しております。ざっくりとした地図は上記の通りで、P1に梨畑が隣接していますがまずは最初に受付へ行かなければなりません...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。