2018年8月1日にSPGとマリオットの会員システムが統合され、懸念されていたSPGアメックスの特典内容についても大幅改悪は無く、ほぼほぼ現状維持で存続する事となりました。

今回は今後SPGアメックスへ入会される方の為に、最新のSPGアメックス優待特典やポイント、ステータスや保有するメリットなどをまとめてご紹介したいと思います。


SPGアメックスの基本情報

まずは基本的な部分から新制度でどうなったのかを見て行きたいと思います。

年会費 31,000円(税別)/家族カード15,500円(税別)
入会ボーナス 30,000ポイント
付帯ステータス ゴールドエリート
獲得ポイント 100円ごとに3ポイント
無料宿泊 50,000ポイント分のホテル1泊(カテゴリ6以下のホテルに1泊相当)
宿泊実績 5泊分
割引  SPG参加ホテル内直営レストラン&バーでのご利用15%オフ

基本的にカード自体のサービスに改悪は無く現状維持、これからこのカードの取得を考えている方にとっても大きなデメリットは無く、引き続きお勧めできるクレジットカードです。

付帯ステータスと宿泊実績

以前までは滞在回数もしくは宿泊数でSPGのステータスが決まっていましたが、統合後は総宿泊数だけでランク付けが行われるようになり、宿泊数に応じて以下の通りになります。

  • 1年に10泊でシルバーエリート
  • 1年に25泊でゴールドエリート
  • 1年に50泊でプラチナエリート
  • 1年に75泊でプラチナプレミアエリート
  • 1年に100泊以上&2万米ドル以上でプラチナプレミアエリートアンバサダー

SPGアメックスを申し込む事で得られるのは年間25滞在に相当するゴールドエリート。カードの保有だけで宿泊実績が5泊分付与されるので、残り45泊を1年間に行う事で更に上のプラチナエリートに昇格する事もできます。

改悪でも改善でもありませんが、以前まで滞在数でステータスを得ていた人にとっては改悪になると思います。

獲得できるポイントとその価値

獲得ポイントが以前は100円=1スターポイントだった所が100円=3ポイントと3倍になりました。

このように書くと大幅改善のように感じますが、ポイント自体の価値にも変更があり実質以前の1/3の価値になっているので、これも改善でも改悪でも無く以前までと同じです。

貯めたポイントは航空会社のマイルに交換したり、無料宿泊に交換したり、宿泊の割引やアップグレードに利用する事ができ、これも変更はありませんがここで一部改悪・改善がみられました。

航空会社のマイルに交換

SPGアメックスのポイントの特徴として、多くの航空会社のマイルへ非常に良いレートで交換できるという事が挙げられ、以前までは35社でしたが、8月1日の統合後は更に5社増えた合計40の航空会社のマイルへ交換する事ができるようになりました。これは改善です。

もちろん交換先にはANA、JALなども含まれており、ほとんどの航空会社へは3ポイント(100円)=1マイル、ユナイテッド航空については3ポイント(100円)=1.1マイルと更にレートが良くなっています。

また、60,000ポイント移行する毎に15,000ボーナスポイントが貰えるという神がかった制度のおかげで交換倍率実に1.25倍、ユナイテッドに関しては1.375倍というマイラーにも嬉しいクレジットカードです。

無料宿泊と交換

貯まったポイントを使ってSPGグループおよびマリオットグループでの宿泊と交換する事もできます。以前まではSPGグループホテル限定だったのでここだけを見ると改善ですが、必要ポイント数が…

現在は、全てのホテルが「カテゴリー1」から「カテゴリー7」のどれかに分けられており数字が上がる程より高級なハイグレードホテルになります。

リッツカールトン東京は(7)、ウェスティン東京は(6)、シェラトングランデトーキョーベイは(6)、横浜ベイシェラトンは(5)、セントレジス大阪は(7)、リッツカールトン大阪は(7)、シェラトン沖縄サンマリーナは(6)です。

カテゴリー 現在 オフピーク
(2019年から導入)
ピーク
(2019年から導入)
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8(2019年から) 85,000 70,000 100,000

現在は時期に関係なく一律ポイントだったものが、2019年より「オフピーク時」「ピーク時」と2種類の料金体系になり、ピーク時を見ると値上げ。実質の改悪になっています。

ただし現時点ではいつがピークなのかが発表されていない為、もしこれがお盆やGW、年末年始などの一部の期間だけであれば総合的に考えると大幅改善になるかもしれません。

ゴールドエリートの特典

ではSPGアメックスを保有する事で得られるゴールドエリート会員資格の特典についても見て行きたいと思います。

ゴールドエリートの特典
  • 客室の無料アップグレード
  • 宿泊代・部屋付けの料金に対して25%のボーナスポイント
  • ウェルカムポイントとしてチェックイン時に最大500ポイント
  • 最大14時までのレイトチェックアウト
  • 無料の高速インターネット
  • ゴールドエリート専用の予約電話番号

現在のゴールドエリートにおけるホテルでの特典は以上の通りです。

マリオットがSPGを買収した2015年から統合される2018年8月までの約3年間は2社間で特典内容がバラバラだった事もあり、暫定的な特別処置としてSPGアメックス保有者もマリオット系のホテルで無料ラウンジアクセスや無料朝食などの特典を受ける事ができていました

しかし現在ラウンジ利用と無料朝食はプラチナエリート以上の特典になっており、これは大幅な改悪のように感じてしまいますが、統合によって矛盾が解消され正常化されただけ…

今までが”無敵マリオ”状態であり、残念な気持ちはありますが受け入れざるを得ないというのが正直な所です。

レイトチェックアウトの時間が変更

以前まではレイトチェックアウトが16時までだったのが14時と大幅に短縮されてしまいました。これは間違いなく改悪です。

全体的なカードの印象

無料ラウンジ・無料朝食が無くなり、レイトアウトも14時にと全体的に見ると考えてしまう部分もありますが、現状維持の部分も多く特に100円=1.25マイル(ユナイテッドは100円で1.375マイル)というのはマイルを貯めるカードとしても魅力的です。

それに加えてアメックスゴールドと同等の海外旅行保険が付帯する事、オーバーシーズアシストなどの海外電話サポートが付いている事、年間1回の無料宿泊特典が付与される事、そして部屋のアップグレードやレイトアウトなどの特典を考えると、年会費分ぐらいの元は簡単に取れてしまう優秀なカードと認めざるを得ません。

 

SPGアメックスに関係する記事をみていると、リッツやセントレジスなどの超高級ホテルでの滞在記やメリット紹介が目立ちますが、

SPGグループには廉価版のホテルも多数あり、1泊1万円程度のお手ごろな価格帯のホテルであってもSPGアメックスによる恩恵を十分に受ける事ができます

その事は別記事にしておりますのでご参照ください。

 

今までこのSPGアメックスを使って宿泊をし、驚く程の好待遇を受ける事もありました。

今後も大幅な改悪が無い限り使い続けるつもりで、SPGアメックスへの入会を検討されている皆様にも是非一度『感動のホテル滞在を体験』して頂きたいと思います。

もしSPGアメックスやホテル滞在について分からない事があればお気軽にご連絡下さい。分かる範囲でお答えいたします。

 

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/08/a2ca579c9b69ea7dd4ca2729d63fb627.gifhttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/08/a2ca579c9b69ea7dd4ca2729d63fb627-150x150.gif旅技クレジットカードAmericanExpress,SPGアメックス,クレジットカード,シェラトン,まとめ,マリオット,リッツカールトン,入会2018年8月1日にSPGとマリオットの会員システムが統合され、懸念されていたSPGアメックスの特典内容についても大幅改悪は無く、ほぼほぼ現状維持で存続する事となりました。 今回は今後SPGアメックスへ入会される方の為に、最新のSPGアメックス優待特典やポイント、ステータスや保有するメリットなどをまとめてご紹介したいと思います。 SPGアメックスで $112の部屋がスイートにアップグレードされた体験談 SPGアメックス無双、シェラトンにまさかの30時間滞在が実現した体験談 SPGアメックスの基本情報 まずは基本的な部分から新制度でどうなったのかを見て行きたいと思います。 年会費 31,000円(税別)/家族カード15,500円(税別) 入会ボーナス 30,000ポイント 付帯ステータス ゴールドエリート 獲得ポイント 100円ごとに3ポイント 無料宿泊 50,000ポイント分のホテル1泊(カテゴリ6以下のホテルに1泊相当) 宿泊実績 5泊分 割引  SPG参加ホテル内直営レストラン&バーでのご利用15%オフ 基本的にカード自体のサービスに改悪は無く現状維持、これからこのカードの取得を考えている方にとっても大きなデメリットは無く、引き続きお勧めできるクレジットカードです...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。