ユニバーサルスタジオに行くとどうしても問題になるのが昼食!パーク内のレストランでも良いけど、小さい子連れで行く場合混雑でなかなか食べられない事も…

そんな時はちょっと早めにUSJ周辺のホテルでランチビュッフェを楽しんで、お昼前からUSJを楽しむというのはいかがでしょうか。ちなみに年パスをお持ちの方は再入場ができるので一旦パークを出て周辺で優雅にランチ!という事ができてしまいます。

というのも、ユニバーサルスタジオ周辺のホテルでは最大800円~という破格の値段でホテルクオリティのランチビュッフェが楽しめてしまうのです。

(※ここで記載した800円はホテル京阪ユニバーサルタワーの平日特定日ランチビュッフェで、この金額で楽しめるのは2017年12月25日まで、それ以降は1,100円になります)

パーク周辺のホテルビュッフェを安く利用する方法

ユニバーサルスタジオ周辺のホテルは、パークの再入場ができないせいか比較的空いています。また元々の値段も他のエリアと比べて1900円前後と比較的お手頃に設定されています。

まあクオリティもそれなりなんですが、何よりのメリットは子供と一緒の場合、好きなものを好きなだけ食べられるバイキング形式のレストランは大変助かります。

そんなパーク周辺ホテルのランチビュッフェ(ディナービュッフェでも)を安く利用する方法はずばり一休.comレストラン経由で予約する事です。

例えば「ホテル京阪ユニバーサルタワー」の「【アップグレード】乾杯スパークリング付!パスタ、飲茶、品数豊富なバイキング&ソフトドリンク飲み放題!」の場合、通常価格2,800円/人が1,500円/人になっています。

一休.comレストラン

私が利用した日は特別日プランという事で1400円になっていました。でもこれだとまだ800円には届かないですよね。ここから更に値引きする裏技があります。

一休のレストラン予約をさらに安くする裏技

を利用する事です。クラブオフに関しての詳細は別記事に書いておりますので、ぜひそちらをご覧下さい。

クラブオフ経由で一休から予約すると一休での掲示金額より更に600円(2017年12月25日以降は300円)安くなります。という事で1400円-600円でホテルランチが800円でできるという訳でした。

今回ご紹介したのはホテル京阪ユニバーサルタワーのランチビュッフェでしたが、この他にもUSJ周辺のホテルのランチビュッフェが一休.comレストランには安くで掲載されていますので、活用価値はアリだと思います。

ホテル京阪ユニバーサルタワーのランチ

どんな感じか以前に利用した時の写真がありますので、掲載しておきます。

サラダコーナー

キッズコーナーにはチョコフォンデュもありました。

おかず系。中華などもありました。この他にもありましたが、写真は一部のみです。奥にはドリンクバーとスープバー、ソフトクリームの機械もありました。

デザートコーナーです。

通常料金は大人1,800円(税込)ですが、通常料金であっても十分満足できる内容です。それが800円~で食べられるとなるとぜひ利用したいサービスではないでしょうか。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2017/12/e2e9d88b1e535903a4a987fc1de5f334.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2017/12/e2e9d88b1e535903a4a987fc1de5f334-150x150.jpg旅技その他宿泊・ホテル赤ちゃん・子供とおでかけUSJ,ビュッフェ,ホテルランチ,ランチ,大阪府,子供ユニバーサルスタジオに行くとどうしても問題になるのが昼食!パーク内のレストランでも良いけど、小さい子連れで行く場合混雑でなかなか食べられない事も… そんな時はちょっと早めにUSJ周辺のホテルでランチビュッフェを楽しんで、お昼前からUSJを楽しむというのはいかがでしょうか。ちなみに年パスをお持ちの方は再入場ができるので一旦パークを出て周辺で優雅にランチ!という事ができてしまいます。 というのも、ユニバーサルスタジオ周辺のホテルでは最大800円~という破格の値段でホテルクオリティのランチビュッフェが楽しめてしまうのです。 (※ここで記載した800円はホテル京阪ユニバーサルタワーの平日特定日ランチビュッフェで、この金額で楽しめるのは2017年12月25日まで、それ以降は1,100円になります) パーク周辺のホテルビュッフェを安く利用する方法 ユニバーサルスタジオ周辺のホテルは、パークの再入場ができないせいか比較的空いています...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。