1~2月という早い時期から梅の花を楽しむ事ができる熱海梅園の梅の花ですが、毎年見頃の時期には梅まつりが開催され、園内には足湯も設置されるなどとても多くの観光客でにぎわいます。

今年2022年は開催が危ぶまれましたが、無事に1月8日~3月6日の日程で開催されることが決まりました。それでは開花状況や混雑・駐車場などはどうでしょうか。

熱海梅園の梅の開花状況

梅の開花状況については観光協会のサイトで随時更新されており、そちらを確認するのが一番確実です。

熱海梅園梅まつり 開花状況

例年、2月半ばから末頃になるとほぼ満開に近い状態になり、遅咲きの梅にはまだつぼみが見られる物の、園内の大部分を占める梅は見頃となります。

熱海梅園へのアクセス

熱海梅園への電車でのアクセス

最寄駅はJR熱海駅の一つ先「JR来宮駅」で、この駅からは徒歩10分程度で行く事が出来ます。その他、JR熱海駅からの臨時を含め多くの路線バスも運行されているので熱海で降りて桜をみた後に…というのもお勧めです。

路線バスの時刻表

熱海梅園への車でのアクセスと臨時駐車場

梅まつり期間中は大変混雑する為、近くに臨時駐車場が設置されます。誘導員がいるので迷うような事は無いと思いますが、それを考慮しても車での来場はあまりお勧めはできません。特に週末は。

タクシーでのアクセス

最寄りのJR来宮駅からは徒歩圏内ですが、熱海駅で乗り換えを行う必要がありあまり利便性が良いとは言えません。その場合、熱海駅からタクシーを使ってみるのはいかがでしょうか。

熱海駅からタクシーでおおよそ8分、料金は1,190円が目安です(※道路状況により前後します)

割引き料金でタクシーに乗れる「GO」

最近はTVCMでもよく見かけるようになりましたが、スマホでタクシーを呼ぶ事ができる「GO」というアプリを使うと簡単にタクシーが呼べるだけで無く、クーポンを利用して割引料金でタクシーに乗る事が出来ます。熱海梅園観光に是非活用してください。

熱海梅園の足湯

熱海梅園梅まつりの期間は会場に足湯も設置され、10:00~16:00まで入園者は無料で利用する事が出来ます。タオルの販売もあるのでふらっと立ち寄って梅を見ながら足湯を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

熱海梅園への入場料

梅まつり期間中の間は、8:30~16:00の時間帯限定で一般300円(中学生以下無料)の入園料がかかります。梅まつり期間であっても時間外は無料で入園する事が出来ますが、ライトアップなどは行われませんので明るいうちに訪れてみてはいかがでしょうか。

また、熱海市内へ宿泊した場合は領収証などを提示する事により100円引きになります。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
山口

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。