大韓航空は2019年1月1日より、出国審査を受け制限エリアへ入った後に搭乗を取り消す場合の「ノーショーペナルティ」を変更すると発表しました。

ノーショーペナルティ値上げの背景

これは、韓国のアイドルグループが搭乗した飛行機にファンがアイドルグループと会う事を目的に搭乗し、搭乗したファンらが離陸直前に降機して購入した航空券を払い戻すという行為を繰り返したことによる対策との報道もあります。

機内へ搭乗した乗客が一人でも降機する場合、既に搭乗済みの全ての乗客を降機させ、手荷物検査を再度行う必要があるなど、運航上または費用面でも大変な損害が発生します。

ノーショーペナルティの実施

2019年1月1日以降、出発予定時刻までに予約をキャンセルせずにご予約便に搭乗なさらなかった場合、またはチェックイン完了後に搭乗をしなかった場合、ノーショー(No-Show)ペナルティとして最大で37,600円がかかることになります。

種類
地域ノーショーペナルティ金額出国エリア入場後に取り消しした場合のノーショーペナルティ金額
長距離米州/ ヨーロッパ/ 中東/ オセアニア/ アフリカJPY 15,000JPY 37,600
中距離東南アジア/ 南西アジア/タシケントJPY 10,000JPY 32,600
短距離韓国/ 日本/ 中国/ 香港/ 台北/ ウランバートル/ ウラジオストク/ イルクーツクJPY 6,000JPY 28,600
  • 上記内容は韓国発着便および仁川経由便に適用されます。
  • ノーショー(No-Show)ペナルティチャージは、出発国により異なります。
  • ノーショー(No-Show)ペナルティチャージは、再発行手数料や払い戻し手数料とは別途でかかります。
  • 特典航空券の払い戻しの際には、ノーショー(No-Show)ペナルティとして以下のマイル数が差し引かれます。
    (長距離 12,000マイル、中距離 7,000マイル、短距離 5,000マイル、韓国国内線 500マイル)

 

出国直前のキャンセルが無いよう、ご注意ください。

県民割 県民割が今熱い!!最大半額以上、地区町村の補助と併用も

 在住者向けの県民割を表示

▼宿泊クーポンを獲得して空きがあるうちに予約

▼旅行予約サイトのクーポンまとめ記事

この記事を書いたのは
タビワザ 編集部

旅行・お出かけに役立つクーポン情報や裏技・最新情報などをご紹介しています