スマホでタクシーを呼べるJapanTaxiでは昨年よりドコモの「d払い」が利用できましたが、今後は道で拾ったタクシーでのd払いが利用できるようになりました。

その詳細をJapanTaxiの発表と共にご紹介したいと思います。

 
道や乗り場からのタクシー乗車でも『d払い』が可能に

No.1*タクシーアプリ『JapanTaxi』を展開するJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:川鍋 一朗 以下、JapanTaxi)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:吉澤 和弘 以下、ドコモ)が提供するスマホ決済サービス『d払い』において、昨年の『JapanTaxi』アプリへの『d払い』(ネット)導入に続き、タクシー後部座席に搭載される『広告タブレット』『決済機付きタブレット』での新たな決済手段として、『d払い』(街のお店)に2019年3月19日(火)より対応開始します。道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

対応決済続々登場!タクシーのキャッシュレス化を進めるJapanTaxiのタクシー車載タブレット

JapanTaxiでは、タクシーのキャッシュレス化を進めるべく、お客様ご自身で決済処理を行っていただく後部座席設置型タブレットの展開を2017年より行っています。

『広告タブレット』および『決済機付きタブレット』がタクシー車両へ搭載されることにより、乗車されるお客様は決済方法に縛られることなく乗車でき、自身で支払い手続きを行うことで安心して決済を行なっていただくことができます。

さらに、タクシー事業者にとっては、多様化する現金以外の決済手段に一つのタブレットで対応でき、乗務員は安全な運行に注力することができます。

現在は、QRコード決済に対応する『広告タブレット』とクレジットカードや交通系ICなど複数決済に対応する『決済機付きタブレット』の2種類を展開しており、日本交通をはじめとする、全国8都市(北海道・東京都・埼玉県・神奈川県・京都府・大阪府・福岡県)のタクシー車両に搭載されています。

道や乗り場からのタクシー乗車でも『d払い』が使える!

『JapanTaxi』アプリでは、アプリからの配車時に車内での支払いやりとり無しに降車いただける、『ネット決済』のお支払い手段として、2018年12月より『d払い』(ネット)に対応しています。

今回2019年3月19日(火)より、『JapanTaxi』アプリからの配車に関わらず、道や乗り場からの乗車時でも、『広告タブレット』『決済機付きタブレット』搭載車両であれば、『d払い』が使用できるようになります。

『d払い』は、ドコモのスマートフォンユーザーであれば特別なお申込みが不要で、ドコモの回線を持っていない方でもクレジットカードを登録することで利用できます。また『d払い』のお支払い時にはたまった『dポイント』を利用することも可能で、さらにお支払金額に応じて200円(税込)につき1ポイントの『dポイント』がたまります。

『広告タブレット』もしくは『決済機付きタブレット』が搭載されたタクシー車両へ乗車された際に、目的地到着後、タブレット上に表示される決済方法の一覧から『d払い』を選択し、表示されたQRコードを読み取ることで支払いが可能となります。『d払い』において、表示されたQRコードを読み取ることで決済が完了する仕様は、今回の『JapanTaxiタブレット』での対応が初となります。

* App Annie調べ タクシー配車/ライドシェアアプリ内における、日本国内累計ダウンロード数/月間平均アクティブユーザー数(iOS/Google Play合算値)調査期間:2017年10月1日~2018年9月30日

「d払いでdポイント40倍還元!キャンペーン」を実施中
現在、『d払い』アプリでのお支払いで、ご利用金額に応じて『dポイント』を通常の40倍(通常ポイント+キャンペーンポイント[期間・用途限定]として39倍分)を全員に還元するキャンペーンを実施中です。

・実施期間 : 2019年3月31日(日)23:59まで
・対象者 : 期間中キャンペーンページからエントリーの上、対象店舗のお買物を『d払い』アプリでお支払いされた方
・キャンペーンポイント進呈上限 : 5,000ポイント
・キャンペーンポイント進呈時期 : 2019年5月中に進呈予定
・キャンペーン詳細 : https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/dpay_p401902/cpn_dpay_p401902.html

タブレットでの『d払い』ご利用方法
『広告タブレット』もしくは『決済機付きタブレット』が搭載されたタクシー車両へ乗車された際に、目的地到着後、タブレット上に表示される決済方法の一覧から『d払い』を選択し、表示されたQRコードを読み取る。

1) 乗車料金のお支払い画面から「QRコード決済」を選択
道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

2) 「QRコード決済」選択画面から『d払い』を選択
道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

3) 表示されたQRコードを『d払い』アプリで読み取る
道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

4) 決済完了
道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

JapanTaxiのタクシー車載タブレット製品概要
■広告タブレット・決済機付きタブレット共通機能
・機能: 広告コンテンツTokyo Primeの放映、決済
・対応言語: 日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字・繁体字)
・展開エリア:北海道・東京都・埼玉県・神奈川県・京都府・大阪府・福岡県

広告タブレット対応決済

決済アプリ(JapanTaxi Wallet/Origami/Alipay/WeChatPay/LINE Pay/d払い)※一部地域は非対応ブランド有
道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

決済機付きタブレット対応決済

クレジットカード(Visa/MasterCard/JCB/UnionPay/American Express/DinersClub)、
交通系IC、電子マネー(楽天Edy/QUICPay/WAON/nanaco/iD)、
決済アプリ(JapanTaxi Wallet/Origami pay/Alipay/WeChatPay/LINE Pay/d払い)※一部地域は非対応ブランド有
道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

移動で人を幸せに。JapanTaxi 会社概要

道で拾ったタクシーでも「d払い」OK、JapanTaxiに決済手段が追加

日本初のタクシー配車アプリに代表される配車プラットフォームから、決済プラットフォーム、広告事業、IoT事業、モビリティ研究開発事業まで、多岐に渡った事業を展開。「移動で人を幸せに。」をミッションに掲げ、公共交通であるタクシーで、今現在の移動も、未来の移動でも、喜びに感じる体験を提供し、移動からあなたを自由にしていきます。

HP : https://japantaxi.co.jp
採用サイト : https://recruit.japantaxi.co.jp/
採用ブログ : https://blog.japantaxi.co.jp/
Facebook : https://www.facebook.com/japantaxi
Twitter : https://twitter.com/JapanTaxi

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/03/press_d4f782f404fdd04a0c8711e56586a2d2.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/03/press_d4f782f404fdd04a0c8711e56586a2d2-150x150.jpg旅技プレスリリースニュースJapanTaxi,タクシー,ニュース,プレスリリーススマホでタクシーを呼べるJapanTaxiでは昨年よりドコモの「d払い」が利用できましたが、今後は道で拾ったタクシーでのd払いが利用できるようになりました。 その詳細をJapanTaxiの発表と共にご紹介したいと思います。 【2019年3月】ジャパンタクシー(JapanTaxi)、2,000円初回限定クーポンコード 【2019年3月】Uber Eatsのプロモーション 最新クーポンコード 4000円はどうなったのか 【2019年3月】DiDiの割引クーポン、最大4,000円の裏技まとめ(東京・大阪でタクシー配車)   道や乗り場からのタクシー乗車でも『d払い』が可能に No.1*タクシーアプリ『JapanTaxi』を展開するJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:川鍋 一朗 以下、JapanTaxi)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:吉澤 和弘 以下、ドコモ)が提供するスマホ決済サービス『d払い』において、昨年の『JapanTaxi』アプリへの『d払い』(ネット)導入に続き、タクシー後部座席に搭載される『広告タブレット』『決済機付きタブレット』での新たな決済手段として、『d払い』(街のお店)に2019年3月19日(火)より対応開始します。 対応決済続々登場!タクシーのキャッシュレス化を進めるJapanTaxiのタクシー車載タブレット JapanTaxiでは、タクシーのキャッシュレス化を進めるべく、お客様ご自身で決済処理を行っていただく後部座席設置型タブレットの展開を2017年より行っています...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
旅技編集部 プレスリリース受付

旅行・お出かけに関するプレスリリースを配信しています。