デリバリーをやっていないお店の商品も好きな場所へ届けて貰えるUber Eats(ウーバーイーツ)というサービスがあります。

実際にウーバーイーツを使った事のある方でも自宅や会社などへ届けて貰う事が主で、なかなか屋外で受け取るという機会は少ないのではないでしょうか。

今回はウーバーイーツを実際に都内で使い、上野公園まで届けて貰った時の体験をご紹介したいと思います。

恩賜上野動物園で注文

ちょうど上野公園のお花見シーズン前でした。この日は子供と一緒に上野動物園へ行き、帰りにお土産としてスイーツを買って帰る予定でした。

パンダでも見て帰ろうかと思ったら平日にも関わらず60分待ち・・・さすがに待てないのでパンダは諦めて帰る事にしました。

ちょうど何か手土産を買って帰りたかったので、動物園の中から近くの店のスイーツを注文

子供が一緒だったので、届くまでの待ち時間は動物を見て過ごす事にしました。なので動物園の中で注文を行います。

後からよく考えたらこの「ドンレミー 上野不忍店 」って動物園のメチャクチャ近くにあったんですね。今回は1,000円クーポンを利用できたので合計5点で配送料込360円でした

注文から配達までの待ち時間

注文後は動物を見て時間をつぶす予定でしたが、子供が急きょ「トイレっ!」という事でトイレへ駆け込みます。何とか間に合って一安心した所で配達に出発したとの通知が!

店舗から配達指定場所まではかなり近く徒歩でも6分程度、動物をゆっくり見ている暇もなく退場口へと移動します。

配達員の現在位置はGPSによってリアルタイムにわかるので、それに合わせて行動すればよいのが嬉しい所です。

 

受け取り場所に指定した場所の近くで待っているとすぐにUber Eatsのロゴが入ったバッグを積んだバイクが来てくれました。(写真は撮っていませんが)遠くから見ても目立つので混雑している場所でもわかりやすいです。

 

結果、だいたい注文から受け取りまで十数分といった所でしょうか。時間帯や特に店と近かったこともあり、かなり早くスムーズに配達して頂けました。

手提げ袋に入った状態で渡されるので、そのままお土産として持って帰ります。

分かりやすい場所を指定すれば受け取りは自宅などへ届けて貰う時となんら変わらないので、ぜひ今後も利用していきたいです。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
山口 未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。