ホテル予約比較サイト大手のホテルズコンバインドが2018年7月、booking.comなどを運営するブッキングHDにより買収されました。日本での知名度がそこまで高いとは言い難い「ホテルズコンバインド」ですが、これを機により知名度と利用者の評価も上がるのでしょうか。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン

ホテルズコンバインドとは

「ホテル比較サイト」というとトリバゴやトラベルコなどが有名ですが、最近日本でもTVCMを流し始めたホテル比較サイトの中にオーストラリア発祥のホテルズコンバインドというサイトがあります。

このホテルズコンバインド、日本での知名度があまり高くは無く悪い評判は無いのですが、良い評判もありません。そもそも単なる比較サイトなので詐欺などはできませんし「検索しづらい」とか操作性以外での問題というのはあまり出にくいのですが。

一般の利用者には全く関係の無い事ですが、ホテルズコンバインドの広告を掲載しているサイト運営者側からの広告費支払いに関する評判は国内外問わず今一つのようです。

当サイトでもこのサイトの広告は掲載しておりませんが、個人的には利用する事も多い健全な比較サイトです。

ブッキングHDが買収

ブッキング・ホールディングスは2018年7月9日、ホテルに特化したメタサーチサイト「ホテルズ・コンバインド(HotelsCombined)」を買収すると発表した。諸手続きの完了は今年後半を予定している。

ホテルズコンバインドは2005年、オーストラリアのシドニーで創業。現在はアジアや中近東を含む世界15か国で従業員200人を抱え、日本語を含む41か国語の多言語でメタサーチサービスを展開している。また、自社ブランドを冠しない「ホワイトレーベル」など、アフィリエイト運営にも力を入れ、顧客規模を拡大してきた。

ブッキングでは、グループ内のメタサーチ大手、カヤック傘下にホテルコンバインドを配置する計画だ。「アジア太平洋地域を中心に、旅行者からの大きな支持を獲得しているホテルズコンバインドがグループに加わることで、当社のメタサーチ戦略を強化できる」(グレン・フォーゲル最高経営責任者)としている。

2018年7月、ホテル予約サイトの大手であるブッキングHDがホテルズコンバインドを買収すると発表しました。実は、ブッキングHDの傘下にあるagodaでホテルを予約する際にはホテルズコンバインド経由でアクセスした方が表示価格が安くなるといった事が以前からあり、親密な関係にあったのではないかと思います。

返金保証がある珍しい比較サイト

このホテルズコンバインドの特徴として、最低価格保証が存在するという事です。そんなのどこの予約サイトも行っている普通の事では?と思われるかもしれませんが、ホテルズコンバインドはホテル予約サイトでは無く、単なる比較サイトであるという事。

・・・という事は、より安い価格を見つけた場合、ホテルズコンバインドと実際のホテル予約サイト両方の保障を使えば差額の二重取りができるという事!!??

特にそれを禁止するような条文も無かったのですが、この辺りは実際にやった事が無いのですみませんが分かりません。

最低価格保証|ホテルズコンバインド

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。