コンセントイメージ

シンガポール旅行で気になるのは電源の問題。あまり沢山の家電を持って行くような事は無いと思いますが、多くの人はスマホの充電器を持って行く筈。

日本から持って行く家電が現地でも使えるかどうかをご紹介したいと思います。

シンガポールのコンセント形状・電圧

シンガポールのコンセントはBFタイプと呼ばれる、長方形が三つ三角に配置された形状。日本でも時々三つ穴式のプラグを見かけますが、日本のコンセントプラグそのままでは使えません

そしてシンガポールの電圧は230V、50Hz。日本が100V(東日本50Hz、西日本60Hz)なのでだいぶん電圧が高いという事が分かります。

シンガポールで日本の家電を使うには

日本から家電を持ち込み現地で使用したい場合は変換プラグ、場合によっては変圧器が必要になります。

タイプBFへの変換プラグ

前述の通り、日本とシンガポールではコンセントプラグの形状が違う為、そのまま差し込む事はできません。

変換プラグと言う物を事前に日本で購入し持参するのが一般的な方法で、「BF対応」と書かれた製品を用意する必要があります。

この変換プラグは100円ショップダイソーでも販売されていますが、BFタイプはマイナーなのか取り扱っていない店舗もあるようです。(※しかし製品としては存在していますので大きな店舗で探してみて下さい)

現地のショッピングモールなどに行けばスマホ用のアクセサリーを販売する店も多く、USB端子の付いた充電器を比較的安価で購入する事もできます。

そしてこの変換プラグには注意点があり、BF対応となっていてもシンガポールで使えない物があります。これは別記事で詳しくご紹介しておりますのでご参照ください。

変圧器の必要性

日本とシンガポールでは電圧が違うので通常であれば変圧器が必要ですが、最近のスマートフォンの充電器に関してはほとんどの製品が100V~240Vの範囲に対応していますので、変圧器は必要ありません

念の為に充電器を確認してみて下さい。「IN」や「入力」「電圧」と書かれた場所に230V以上の数字が書かれていれば変圧器なしで使う事ができます。

もしお使いのス充電器が海外電圧(230V)に対応していない場合は、変圧器を買うより充電器を新調する方が間違いなく安く、軽いのでおすすめです

その他の家電であっても230V以上の電圧に対応と書かれていれば変圧器なしで利用できますが、そうでない場合は変圧器が必要になります。

旅行に持って行く家電と言うと、髭剃りやヘアアイロンなどでしょうか。基本的に100Vにしか対応していない製品を海外に持って行くのはお勧めできません

ヘアアイロンやドライヤーなどの熱を発生させる家電は大容量の電力を消費する為、非常に高価で大きく重い変圧器を持って行かなくてはいけません。

海外国内用 大型変圧器 220-240V/1500VA NTI-20(1台)

長期滞在であればともかく、家電一つの為に数万円もして5~6kgにもなる重くて大きい変圧器を持って行くのはお勧めできません。どうしても必要な場合は海外電圧対応の製品に買い替える方が得策です。

シンガポール旅行に変圧器を持って行くのはお勧めできない

上でも記載しましたが、短期の旅行に変圧器を持って行くのはお勧めできません。スマホ充電器などの必需品は多くが変圧器なしでも海外で使える製品です。

変換プラグは必ず必要ですが、変圧器は皆さんが思っている以上に高価で大きく重い物です。現地で長期滞在して日本の家電を使いたいという場合を除いて、海外電圧対応の製品に買い替える方がおススメです。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/07/light-bulb-3104355_640.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2019/07/light-bulb-3104355_640-150x150.jpg旅技海外旅行BF,シンガポール,充電器,変圧器,変換プラグ,海外,海外旅行シンガポール旅行で気になるのは電源の問題。あまり沢山の家電を持って行くような事は無いと思いますが、多くの人はスマホの充電器を持って行く筈。 日本から持って行く家電が現地でも使えるかどうかをご紹介したいと思います。 シンガポールのコンセント形状・電圧 シンガポールのコンセントはBFタイプと呼ばれる、長方形が三つ三角に配置された形状...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。