以前、親族の集まりがありどうしても箱根の湯本富士屋ホテルで部屋を確保する必要が出てしまい、かなりいろいろなサイトを調べたんですが良い日取りという事もあってどこも一切空室なし・・・

その時の体験談を簡単にご紹介したいと思います。

箱根に強い小田急

仕方ないから近隣にある他ホテルに変更しようか・・・と諦めかけていた時にたまたま見つけた小田急トラベルで空室があったのです!!

今までは楽天トラベルやじゃらん等の大手ホテル予約サイトの他、Expediaなどの外資系でもしかしたら空きがあるんじゃないか?とか色々調べていたのですが、そういや箱根と言えば小田急だったねという事を改めて感じました。

ちなみに、小田急トラベルのサイトを見てみると・・・

※満室でも予約可能な場合がございます。詳しくはメールにてお問い合わせください。
お問い合わせの際は、プラン名・宿名・日程・ご宿泊人数。また、その他ご希望がございましたらご記入ください。

なんと心強い(笑)

旅行会社が自社ツアー用にまとめて部屋を押さえてるというのは良く聞く話で、多くのサイトで満室であってもまだ空室を持っている旅行会社があるというのはそう珍しい事ではありません。

ただ、楽天トラベルやじゃらんのような大手予約サイトや一括比較サイトに慣れてしまうと、どうしても小さな旅行会社って検索候補から外れてしまいがちですし、そもそも土地勘のない場所であればその地域に強い旅行会社が分かりません。

箱根エリアは小田急トラベルが意外と空室持っていて楽天やじゃらんと比べても安い事が多いです。

特に小田急ロマンスカーの切符とセットのプランになるとお得感はさらに上がります。

もらえなかった旅行クーポン

今回の目的が箱根観光では無かったのでどうでも良かったんですが、箱根エリアで使えるクーポンを貰えると書いてあったのに貰えなかった事。

後から問い合わせたら単なる渡し忘れのようで、箱根湯本駅構内の店舗で渡すか宅配便でお送りします~という対応をして頂けました。

 

 

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。