デルタ航空 プレス画像

デルタ航空は2020年6月1日発券分より、日本初の国際線航空券に加算される燃油サーチャージを非適用(0円)にすると発表しました。

燃油サーチャージは2か月おきに見直しが行われており、シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円を下回った場合は燃油サーチャージを徴収しない方針です。

  5月31日まで 6月1日以降
日本⇔北米
日本⇔中南米
10,500円 0円
日本⇔ハワイ 6,000円 0円

※片道分の燃油サーチャージ

燃油サーチャージの廃止によって航空券の価格は下がるのか

新型コロナの影響により観光目的で海外へ行くのは現状非常に難しい状態ですが、ここで期待されるのは燃油サーチャージの廃止による航空券の値下がりです。

燃油だけで考えると5月末までに購入するより6月以降に購入した方が日本⇔ハワイ路線だと一人12,000円も安くなる計算ですが…

残念ながら今年の梅雨~夏ごろの価格を見ても例年のようなお得な航空券は見当たらず、全体的に航空券の価格は高めに設定されている印象。

渡航制限により航空便自体の運行本数も激減しているので、燃油の面では海外旅行のチャンスですがしばらくはそうもいかない状況が続きそうです。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2020/05/01401ee39e371233b3f249505869677c.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2020/05/01401ee39e371233b3f249505869677c-150x150.jpg旅技 編集部交通機関デルタ,デルタ航空,改定,海外旅行,燃油サーチャージ,飛行機デルタ航空は2020年6月1日発券分より、日本初の国際線航空券に加算される燃油サーチャージを非適用(0円)にすると発表しました。 燃油サーチャージは2か月おきに見直しが行われており、シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円を下回った場合は燃油サーチャージを徴収しない方針です。   5月31日まで 6月1日以降 日本⇔北米 日本⇔中南米 10,500円 0円 日本⇔ハワイ 6,000円 0円 ※片道分の燃油サーチャージ 燃油サーチャージの廃止によって航空券の価格は下がるのか 新型コロナの影響により観光目的で海外へ行くのは現状非常に難しい状態ですが、ここで期待されるのは燃油サーチャージの廃止による航空券の値下がりです。 燃油だけで考えると5月末までに購入するより6月以降に購入した方が日本⇔ハワイ路線だと一人12,000円も安くなる計算ですが… 残念ながら今年の梅雨~夏ごろの価格を見ても例年のようなお得な航空券は見当たらず、全体的に航空券の価格は高めに設定されている印象...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
旅技 編集部

旅行・お出かけに役立つ様々な情報をご紹介しています