旅行ブログという事で全国各地へ出向く機会も多く、ドコモから楽天モバイルの格安SIMに変えてから合計26都道府県の様々な場所に行きました。

あまり評判の良く無い記事も見かける楽天モバイルの格安SIMですが、実際に使ってみた感想をご紹介したいと思います。





使用した都道府県と端末

ドコモから楽天モバイルの格安SIMに変更した後、以下の都道府県の様々な場所で実際に使用しました。

北海道・青森・岩手・宮城・山形・福島・茨城・栃木・群馬・千葉・埼玉・東京・神奈川・山梨・静岡・長野・岐阜・愛知・富山・滋賀・三重・奈良・和歌山・大阪・兵庫・徳島

ちなみに使用していたスマホはArrows M03とSH-M05です。

楽天モバイルの通信速度

多くの格安SIM業者はDocomoの回線を使用しており、それならば速度も同じ気がしますが、実際はドコモと格安SIM業者が契約している回線の太さとその回線を何人でシェアするか、そのシェアする人たちの使い方などが関係して実際の体感速度は業者により大きく変わってしまいます。

こちらでは各都道府県で楽天モバイルのSIMを利用した際の体感&全体的な感想であり、検証サイトのような時間帯ごとや都道府県毎の測定結果などは掲載しておりません。

ざっくりまとめると
  • ある程度の速度は出ているが、測定値と体感速度には大きなズレがある
  • 最大200kbpsのベーシックプランはかなりストレス
  • 都市部ではお昼頃に体感速度低下はある物の、特に不満な程ではない。
  • 混んでる場所に行くと特に上り回線が遅くなる

測定値と体感にはかなりズレがある

各地で楽天モバイルを使用していてかなり感じるのですが、アプリで計測すると1Mbpsちょっとしか出ていない時でも特にストレスなくネットサーフィンできる事もあれば、計測上は7Mbpsであってもかなりストレスの貯まる表示速度になる事もあります。

以下の測定値は平日のお昼頃、横浜での数値です。

下り約18Mbps出ており速度としては申し分ありません。ただしこの時は回線が混雑していたのか速度は速い物のページの表示が始まるまでの時間が長く、あまり快適なブラウジングとは言えませんでした。

ネットサーフィン、Youtube再生、写真のアップロードなどの用途で使っていますが、アプリでの測定値が遅い時であってもストレスがたまる!!という事は都市部でのお昼および極端に人が多く集まるお祭りやテーマパークなどを除けばありません。

しかし、ネットゲームの更新データダウンロードや大きな容量のアプリダウンロード時に関してはこの限りでは無く、wi-fiのある場所でしかそれらは行わないようにしています。

高速通信モードOFFではかなり厳しい

楽天モバイルには最大200kbpsしか出ない使い放題というベーシックプランがあり、その他のプランでも高速通信容量を節約するためにアプリで速度を切り替える事ができます。

200kbpsだと地域や時間帯を問わずネットサーフィンはストレスがたまる物の不可能ではありません。ちなみにカーナビアプリとしてカーナビタイムを使用していますが、200kbpsでも特に不都合を感じた事はありません。

ただ一番イラッっとするのがポイントカードやクーポン系のアプリです。画面にバーコードやクーポンを表示しなければいけないアプリは起動時や表示時に通信する事が多く、いくら待っても全然表示されない!!という事が多々あります。(特に究極的に時間がかかり使い物にならないのが「子供でいたい~みんなトイザ〇スキッズ♪大好きなおもちゃに囲まれて~」のお店のアプリです)

都道府県による体感速度の差はあまり感じない

都市部だと人口が多いので遅く、郊外は空いてて早い…というような明確な速度差の感覚はありませんでしたが、やはり昼の時間帯や通勤時間帯などスマホをいじる人が集中する時間帯においては都市部を中心に体感もやや落ちるかなという印象です。

混んでる場所ではのぼりの方が遅い

テーマパークやイベント事などの人が多く集まる場所では、確かに下り速度は遅くなる物のそれ以上にのぼりの方が速度が落ちるような印象です。

とは言っても多くの方は上りを酷使しないでしょうからそこまで影響はないのかもしれません。これは推測ですが、Googleフォトなどへ写真自動アップロード機能を有効にしているスマホ保有者が一斉に写真を撮ったりするので上り回線が多く使われるのかな?と思っています。

まとめ

詳細な計測値を集計して公開しているサイトもありますが、ネットサーフィン・Youtubeと大容量通信をしないようなアプリという使い方であれば数値上2~3Mbpsもあればストレスがたまるような事はそう無く、

都市部で混雑する時間帯には数値上2~3Mbps以上出ているにもかかわらず応答速度が遅くてイラッっとする事はあるものの、十分コスパの良いSIMであると思います。

楽天モバイルは日々いろいろなキャンペーンを行っているので、結果的にお得度が高くなる事も多く、速度に不安がある場合は安くて最低契約期間の無いプランで様子を見てみるのも良いと思います。





県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

  •  在住者向けの県民割を表示
  • 楽天トラベルの県民割クーポンはこちら
  • 「じゃらん」ふるさとお得クーポンプレゼント

  • Yahoo!トラベル誰でももらえる5%OFFクーポン
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。