香港を拠点に日本を含めたアジア各国へのフライトを運行している格安航空会社「香港エクスプレス航空」が往復購入で帰りが片道10円になるセールを2018年08月13日 – 08月20日の間開催しています。

香港エクスプレス航空とは

香港エクスプレス航空とは香港を拠点にする格安航空(LCC)ですが、いま日本でもてはやされている(?)LCCとは一つ違う所があります。

元々香港エクスプレス航空は2004年にフルサービスキャリア(ANAやJALのような格安では無い航空会社)として設立され、その後2013年に格安航空会社に方針転換したという経緯があります。

その為、航空機の快適さや運行品質などは他の格安航空会社よりも評判が良く、羽田からも香港へ日帰り旅行ができる時間帯設定で飛行機を飛ばしているなど、LCCに馴染みの無い方でも利用しやすいのが特徴です。

LCC、しかも香港の会社は安全?

私が以前そうだったのですが、香港と聞くとどうしても中国を連想してしまい、大変失礼ながら中国と言う先入観と格安航空会社という事から「本当に大丈夫・・・?」と思っていた物です。

しかし香港は航空業界的にも非常に進んでおり、事故や死亡者数・重大なアクシデント数などから航空会社の安全度をランク付けするJACDECにおいて日本の航空会社よりも香港の航空会社の方が上位にランクインしている状況です。

以下の表は2018年日本の航空会社の安全評価を★で示した表であり上から日本航空、全日空・エアドゥ・ピーチ(LCC)、ソラシードエア、スターフライヤー、バニラエア(LCC)、ジェットスタージャパン(LCC)です。

この中で満点の★7個を獲得しているのはANA・JALのみでその他はLCCで無くても★5つに留まっている状態ですが、香港の航空会社は以下の通り。

上から順番に、キャセイパシフィック航空・香港航空・キャセイドラゴン航空・香港エクスプレス(LCC)です。

何れも星7つの満評価であり安全性については申し分がありません。

往復購入で帰りは10円

もの凄くインパクトのある価格設定ですが、往復購入で復路が10円です。往路は通常の価格になり、別途空港使用料や税金等がかかりますので、残念ながら本当に10円ポッキリでは乗る事ができません。

では実際のどの程度の価格になるのでしょうか

往路の価格

2018年10月の価格表を見ると大人一人当たりの運賃はだいたい1万円前後です。

復路の運賃

復路は必ず10円という訳では無く販売数や日程に制限もある為、以下のような価格になります。

多くの日は10円で購入できますが、一部の日程では既に売り切れ等の理由で10円販売が終了していました。

税金等を考慮すると最終額はどうなるのか

セールを利用して航空券を購入した場合、現実的には大人一人往復19,080円という価格になります。子供を含めた家族3人で香港旅行に行くと飛行機代だけで6万円を切るぐらいでしょうか。

当初の片道10円というインパクトからは少し高い印象ですが、それでも往復2万円未満で香港往復できるのは非常に価格面でメリットがあります。

この片道10円セールは結構頻繁に、時々100円とかになりますが開催されており、当サイトのトップページなどでも随時最新のセール情報をご紹介しております。

是非ブックマークしておいて頂き、旅行計画にお役立て下さい。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/08/9e2dfea9f7190d62de4ca580bc09ff53.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/08/9e2dfea9f7190d62de4ca580bc09ff53-150x150.jpg旅技その他LCC,家族,旅行,格安航空会社,海外,香港,香港エクスプレス香港を拠点に日本を含めたアジア各国へのフライトを運行している格安航空会社「香港エクスプレス航空」が往復購入で帰りが片道10円になるセールを2018年08月13日 - 08月20日の間開催しています。 香港エクスプレス航空とは 香港エクスプレス航空とは香港を拠点にする格安航空(LCC)ですが、いま日本でもてはやされている(?)LCCとは一つ違う所があります。 元々香港エクスプレス航空は2004年にフルサービスキャリア(ANAやJALのような格安では無い航空会社)として設立され、その後2013年に格安航空会社に方針転換したという経緯があります。 その為、航空機の快適さや運行品質などは他の格安航空会社よりも評判が良く、羽田からも香港へ日帰り旅行ができる時間帯設定で飛行機を飛ばしているなど、LCCに馴染みの無い方でも利用しやすいのが特徴です...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
未來

人気の場所から治安の悪い国まで様々な国に渡航経験があり。多い時はホテルに月間15泊以上、海外野宿・ゲストハウス、民泊から一流ホテル、クルーズ船まで大概制覇。英語は全く得意じゃないけど何とかなっています。