新型コロナウイルスの感染拡大防止に寄与することを目的として株式会社unerryが全国約2.8万店舗のスーパーやドラッグストア等とその周辺の混雑状況を確認できるサイト、「お買物混雑マップ Powered by Beacon Bank」を公開しました。

またこの機能が近日中にスマホアプリ「グノシー」でも利用できるようになるとの事です。

お買物混雑マップ Powered by Beacon Bank

このサイトでは約6000万ダウンロードのスマートフォンアプリによる位置情報を活用し、AI解析を行うことで時間帯ごとの混雑状況などを確認することができるようになっています。

お買物混雑マップ Powered by Beacon Bank

 

ただしあくまでもスマートフォンの位置情報を利用した物なので、位置情報をOFFにしている場合や対象アプリケーションを利用していない人の動き、そもそもスマートフォンを持たない人の動きなどは反映されていません。

また現時点では集計に利用されている具体的なアプリ名なども不明な為、あくまでも目安として利用してみてはいかがでしょうか

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
タビワザ 編集部

旅行・お出かけに役立つクーポン情報や裏技・最新情報などをご紹介しています