JALは、2019年6月3日より厦門航空(MF)が運航する成田=厦門線、および、関西=厦門、福州、杭州線の4路線においてコードシェアを実施します。 厦門航空は1984年に創立し、福建省厦門市を本拠地とした航空会社で、206機の航空機を保有しています(2019年4月現在)。中国国内だけでなくアジア、米州、欧州、豪州などへ400を超える路線ネットワークを有し、年間搭乗者数は2,600万人を上回ります。厦門市は、中国九龍江の河口に開けた海浜都市で、「海上の楽園」とも呼ばれ、2017年に世界遺産に登録されたコロンス島もあり、温暖なリゾート地としても知られています。 厦門航空とのコードシェアによりJALのネットワークが広がり、日本から中国にご旅行、ご出張されるお客さまの選択肢が増え、利便性が向上します。 JALはこれからも、お客さまにお選びいただけるよう新たな挑戦を続けてまいります。 厦門航空とのコードシェアを開始 厦門航空とのコードシェアを開始 【予約・販売開始日】 2019年5月31日(金) 【コードシェア開始日】 2019年6月3日(月)※政府認可を条件とします。 【コードシェア対象路線】(運航会社:厦門航空) 厦門航空とのコードシェアを開始 ・2019年夏期のスケジュールとなります。また、スケジュールは運航会社により変更となる可能性があります。 ・一部路線では開始日が異なります。

県民割 対象が県民以外にも拡充!GoTo再開までは県民割で最大半額以上

この記事を書いたのは
タビワザ編集部 プレスリリース受付

旅行・お出かけに関するプレスリリースを配信しています。