デルタ航空(NYSE:DAL)は、2019年2月1日発券分より、日本で発券された国際線の燃油サーチャージを変更します。

1名様片道当たり燃油サーチャージ額 (単位:円)

対象路線 発券日が2019年1月31日以前 発券日が2019年2月1日以降
日本-北米
日本-中南米
14,000円 17,500円
日本-ハワイ 8,500円 11,000円
日本-シンガポール 6,500円 8,500円
日本-フィリピン 4,000円 5,000円

2018年12月1日以降に発券された航空券の上記の燃油サーチャージは、2019年1月31日発券分まで適用されます。
日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります。

燃料サーチャージには割引の適用はございません。大人・小児・幼児ともに同額のご負担をお願いしています。座席を使用しない2歳未満の幼児は本サーチャージの対象外です。
シンガポールケロシン・タイプのジェット燃料の2ヶ月平均価格が1バレル6,000円*を上回った場合、デルタ航空は燃油サーチャージを適用します。

*平均価格を算出した期間と同じ2ヶ月間において、日本銀行により毎日公表される為替相場の2ヶ月間の平均値を用いて米ドルから日本円へ換算します。

詳細については、デルタ航空ホームページdelta.comに掲載されています。
https://ja.delta.com/content/www/en_US/shop/deals-and-offers/deals-from-japan/japan-fuel-and-passenger-surcharges.html

デルタ航空について

デルタ航空は年間約1 億8, 000 万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。

フォーチュン誌の「2018 年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World’s Most Admired Companies Airline Industry List)において、8 年間で7 度目の1 位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50 社にも5 年連続で選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7 年連続トップに選ばれました。

デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界52 カ国、302 都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8 万人超の従業員を擁し、800 機以上の主要機材を運航しています。

航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、
アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1 万5,000 便以上のフライトを運航しています。

機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.com をご覧ください。

https://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/12/d3358-334-861443-01.jpghttps://www.tabiwaza.jp/wp-content/uploads/2018/12/d3358-334-861443-01-150x150.jpg旅技プレスリリースニュースデルタ航空,ニュース,値上げ,燃油,飛行機デルタ航空(NYSE:DAL)は、2019年2月1日発券分より、日本で発券された国際線の燃油サーチャージを変更します。 1名様片道当たり燃油サーチャージ額 (単位:円) 対象路線 発券日が2019年1月31日以前 発券日が2019年2月1日以降 日本-北米 日本-中南米 14,000円 17,500円 日本-ハワイ 8,500円 11,000円 日本-シンガポール 6,500円 8,500円 日本-フィリピン 4,000円 5,000円 2018年12月1日以降に発券された航空券の上記の燃油サーチャージは、2019年1月31日発券分まで適用されます。 日本発着の全路線について、燃油サーチャージの見直しが2ヶ月おきに行われます。燃油サーチャージは燃油価格に応じて変更される場合があります...おトクなお出かけ情報
この記事を書いたのは
旅技編集部 プレスリリース受付

旅行・お出かけに関するプレスリリースを配信しています。